リダイレクトとは

リダイレクトとは、あるページ(URL)にアクセスした時に、自動的に他のページへジャンプ(転送)させる仕組みです。

Webサイトのドメインを移転した場合や、同じドメイン内でフォルダ名やファイル名を変更した場合にリダイレクトを行うことになります。

リダイレクトには、htaccessやJavascriptを使った301リダイレクト、302リダイレクトや、meta refreshによるリダイレクトがあります。

301リダイレクトを行うことで、過去にそのURLが受けたリンク評価を、新URLに引き継ぐことができますので、SEOを考えた場合、必須の作業となります。ただし、100%リンク評価を引き継ぐわけではありませんので、できればドメイン移転は行わない方が良いでしょう。

»URL変更後は301リダイレクトでリンク評価を引き継ぐ

301リダイレクト

301リダイレクトは、恒久的(永久的)な移転を意味していますので、ドメインを移転した場合や、ページを削除した場合などに使用します。

.htaccessの記述方法

メモ帳などのテキストエディタで.htaccess.txtというファイルを作り、以下の記述を行います。

◆サイト全体を新ドメインへ転送(mod_rewrite)
RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^www.sample.com
RewriteRule ^(.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L]

www.sample.comからwww.example.comへ転送されます。フォルダ名やファイル名を変えていない場合には、これで全てのページが対応するページへリダイレクトされます。

◆サブディレクトリに展開したWordPressサイトを新ドメインへ転送(mod_rewrite)
RewriteEngine On
RewriteBase /dire/
RewriteRule ^index\.php$ – [R=301,L]
RewriteRule . /dire/index.php [R=301,L]

Redirect 301 /dire/ http://example/

.htaccessはWordPressをインストールしたディレクトリにアップロードします。それぞれ対応するページへ転送されます。もっとスマートな記述方法がありそうですが、知識不足です。

◆サイト全体を新ドメインのトップページへ転送
RedirectMatch 301 .* http://新ドメイン/

◆URLを指定せず全ページを転送
Redirect 301 / http://新ドメイン/

◆URLを指定して転送
Redirect 301 /wp/ http://rensabanet.com/wordpress/
wpというディレクトリからwordpressというディレクトリに転送されます。

ドメイン移転時には、全てのページを新ドメインのトップページへリダイレクトするのではなく、それぞれのページを新しく作ったそれぞれのページへ転送する方がSEO効果が高くなります。

一つの.htaccessファイルで複数の指定を行うことが可能です。なお、同一ドメイン内でリダイレクトする場合は、転送元と転送先に同じディレクトリ名があると、無限ループになってしまいますので注意しましょう。

.htaccessファイルのアップロード

作成した.htaccess.txtをアップロードし、サーバ上で.txtを削除すれば作業は完了です。記述した転送元のURLにアクセスして、指定したURLにリダイレクトされているのかチェックします。

リダイレクトの確認は、View HTTPFiddler2などのツールを使うのが便利です。

302リダイレクト

302リダイレクトは一時的な転送を意味していますので、一時的にページを移転する場合や、季節柄使用しないページ、携帯電話からのアクセス時の携帯サイトへの転送などの時に使用します。

Redirect 302 /wp/ http://www.seotemplate.biz/wp-plug/

基本的な記述方法はに301の時と同じですが、数字の部分を302にするのが特徴です。

「/pc/index.html」や「「/pc/index.php」という形でパソコン用のサイトを公開しているケースも多いと思いますが、検索結果に表示されるURLを.comや.jpなどのドメイン名終わりにしたいという場合には302リダイレクトを使用します。

meta refreshによるリダイレクト

.htaccessによるリダイレクトが使用できない場合には、meta refreshを使用します。meta refreshはHTMLのhead内に以下のように記述します。

<meta http-equiv=”refresh” content=”0; URL=http://新ドメイン/”>
<meta http-equiv=”refresh” content=”3; URL=http://新ドメイン/”>

0秒の転送は301リダイレクトと同等に扱われ、秒数を指定すると302リダイレクトと同等に扱われます。

携帯サイトへの転送

携帯電話からアクセスがあった場合に、携帯サイトへ転送したい場合のリダイレクト方法を解説します。携帯への転送は302リダイレクトを使うのが基本ですが、301でも特に問題は無いようです。

/m/というディレクトリに携帯用サイトを公開している場合の転送方法です。

全てのページへのアクセスを携帯サイトへ

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/m/
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “DoCoMo” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “J-PHONE” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “KDDI” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “DDIPOKET” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “Vodafone” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “SoftBank” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^Nokia.* [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^MOT-.* [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “L-mode” [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} “UP.Browser” [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://ドメイン/m/ [R=302,L]

携帯電話からのアクセスは問答無用で携帯サイトトップへリダイレクトさせることが出来ます。

携帯用ディレクトリ以外へのアクセスを携帯サイトへ

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} !(^/m)
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^(DoCoMo|KDDI|DDIPOKET|UP\.Browser|J-PHONE|Vodafone|SoftBank)
RewriteRule ^(.*)$ /m/ [R=302,L]

/m/以外のページに携帯からアクセスがあった場合に、携帯サイトトップへリダイレクトさせることが出来ます。

対応する携帯サイトの各ページへ

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/m
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DoCoMo [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (J-PHONE|Vodafone|Softbank|MOT-) [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (KDDI|UP\.Browser) [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (PDXGW|DDIPOKET|WILLCOM) [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ASTEL [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} L-mode [NC]
RewriteRule ^(.*)$ /m/$1 [R=302,L]

PCサイトのURLと携帯サイトの/m/以下のURLが同一のサイト用です。各ページにリダイレクトされます。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月7日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ