PostgreSQLとは

PostgreSQL(ポストグレエスキューエル)とは、BSDライセンスに類似するライセンスにより配布されているオープンソースのオブジェクト関係データベースのことです。

BSDライセンスとは、無保証であることやの明記や著作権表記、ライセンス条文の表示を条件に再頒布する事ができるようになっているライセンス規定のことで、基本的には誰でも利用できるようになっています。

PostgreSQLを知らない人にとっては、非常に説明が難しいと感じるかもしれませんが、データベースを使わない人にとっては必要のない知識なので、あまり深く考えない方が良いでしょう。

PostgreSQLとMySQL

一般的に使われているデータベースとして、WordPressやMovable Typeなどで使用されるMySQLがありますが、PostgreSQLとMySQLの違いを簡単にまとめておきます。

項目 MySQL PostgreSQL
開発元 MySQL AB(サン・マイクロシステムズ)を中心に開発 The PostgreSQL Global Development Groupを中心に開発
ライセンス GPLライセンス or 商用ライセンス BSDライセンス
プラットフォーム UNIX、Linux、Windowsなど UNIX、Linux、Windowsなど
アプリケーション開発言語 C言語、Java、PHP、Perlなど C言語、Java、PHP、Perlなど
サーバアーキテクチャ マルチスレッド構成 マルチプロセス構成
文字コード UTF-8、EUC-JP、Shift-JISなど UTF-8、EUC-JPなど
データ構造 ファイル内のデータは追記型構造になっており、使用するストレージエンジンによって異なる。 テーブル、インデックス単位のファイル

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月8日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ