CMSとは

CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、Webサイトやコンテンツを構成するテキストや画像などを統合・体系的に管理し、配信に必要な処理を行うシステムのことです。

HTMLサイトを一から作るにはWeb制作の技術が必要となりますが、CMS+テンプレート+プラグインを利用する事で、初心者の方でも比較的しっかりとしたサイトを作ることが出来ます。

CMSでサイトを構築する事で、Webの知識がない人でも簡単に更新を行う事ができます。一昔前まではWebサイト制作は特殊な技術でしたので、制作会社が作成・管理・更新などを行う事が一般的でしたが、現在は制作のみを制作会社に依頼して更新や管理は自社で行ったり、制作自体を自社で行う企業も増えています。

CMSとしては、WordPressMovable Typeが有名です。オープンソースのCMSとしては、他にもXOOPSやGeeklog、Drupalなどがあります。WordPressをブログ用のCMSと捉えている方も多いですが、企業サイトやネットショップを作ることも可能です。

多くのレンタルサーバーでWordPressの自動インストール機能を備えていますので、初心者の方でも比較的簡単に利用する事ができます。

»サーバ別WordPressのインストール方法

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月10日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ