Movable Typeとは

Movable Typeとは、Six Apart社が開発したウェブログシステムです。ブログサイトを生成・管理するのに優れたサーバソフトで、多くのレンタルサーバーで利用可能となっており、自動インストール機能を備えているサーバがほとんどです。

ソフトウェアは主にPerlPHPで書かれていますが、動作に必要なのはPerlのみとなっています。データベースはWordPressと同じくMySQLを利用しています。

WordPressが登場する前は、CMSと言えばMovable Typeだったのですが、2006年ごろからシェアが逆転し、その後は衰退の一途を辿っています。2010年9月には、広告ネットワークのVideoEggに買収されました。その後もMovable Typeの開発は進められていますが、今後の拡大は難しいでしょう。

WordPressは動的にページを生成しますが、Movable Typeは静的にページを生成します。以前のSEOでは、静的ページが有利だったので、そういった意味からもMovable Typeは重宝されていたのですが、現在の検索エンジンは、動的・静的ということで優劣をつけることはありません。

個人利用は無料ですが、商用利用は有料となっている事も、WordPressにシェアを奪われた原因かもしれません。2007年12月には、ライセンスをGPLに改変しオープンソース化するMTOS (Movable Type Open Source)プロジェクトが開始されましたが、シェア拡大には繋がっていません。

MT5より、ブログではなくウェブサイトという概念が登場し、ブログはウェブサイトの中に作るような仕組みになっています。

個人的にMovable Typeを使った時の感想としては、テンプレート修正時の再構築にうんざりしました。最新バージョンは、以前のバージョンと比べると再構築にかかる時間が短くなったのですが、それでも記事数が多くなるとかなりのストレスを感じます。

静的ページ生成である以上、再構築作業は必ず必要となりますが、WordPressのテンプレート修正の手軽さと比べてしまうとやはり大きなデメリットです。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月10日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ