XOOPSとは

XOOPS(ズープス)とは、手軽にポータルサイトを構築することができるオープンソースのCMSのことです。ポータルサイトだけではなく、コミュニティサイトや企業サイトを作ることも可能です。WordPressと同じく、PHPとMySQLデータベースを利用して作成されます。

XOOPSは、2001年にPHP-Nukeと呼ばれるCMSを元に日本人によって開発されたもので、2003年にはXOOPS2がリリースされました。その後、2005年には、日本独自のバージョンであるXOOPS Cubeがリリースされています。

日本人によって開発されたため、他のCMSに見られるような日本語の文字列処理に関する問題が少ないのが特徴です。

エックスサーバーなど多くのレンタルサーバーで、自動インストール機能が付いていますので、試しに利用してみるのも面白いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ