ASP.NETとは

ASP.NET(エーエスピードットネット)とは、Microsoftが開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークの事で、.NET Frameworkで提供されるWebサービス向けのクラスライブラリのことを指します。

ASP(Active Server Pages)の後継となるもので、Windowsサーバー上で動的なWebページを操作させるためのプラットフォームで、WebアプリケーションやWebサービスの開発・構築に用いられています。

マイクロソフトが提供している Visual Web Developer や Visual Studio などの統合開発環境を用いると、 HTML や HTTP などの知識やスキルが無くても、高機能なWeb アプリケーションを開発する事ができます。

2009年には、.NET FrameworkとVisual Studioを使用しながら、MVCフレームワークと同じ感覚でWebアプリケーションの開発ができるASP.NET MVCが登場しました。

従来の ASP.NETの上位バージョンではなく、置き換えるものでもないため、他言語でMVCフレームワークを使い慣れた開発者や、MVCフレームワークの方が適している場合にASP.NET MVCを使用し、そうでない場合は従来のASP.NETを使い続けるのが一般的です。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月10日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーの用語集

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ