ASPとは

ASPは色々な異なる意味があるのですが、一般的に良く使われるのは、アプリケーションサービスプロバイダで、ビジネス用のアプリケーションソフトをインターネットを通じて顧客にレンタルする事業者のことを言います。

また、アフィリエイトサービスプロバイダの略としてもASPが使われ、この場合のASPとはA8.netやバリューコマース、トラフィックゲートなどのような、アフィリエイトプログラムを提供する会社のことを指します。

もう一つASPと略されるものがアクティブサーバーページで、この場合のASPとは、動的にWebページを生成する拡張機能の事を指します。

Microsoft社のWebサーバであるIISで利用する事が可能で、ブラウザからデータを受け取ってファイルに記録したり、データベースと連携した動的なWebページを作成することができます。上位バージョンとして、ASP.NETがあります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ