ApacheとTomcat

Apache(アパッチ)とは、最も人気の高いHTTPサーバソフトウェアの一つで、多くのレンタルサーバーが採用しています。正式名称は、Apache HTTP Serverです。

Apacheはフリーソフトウェアとして無償で公開され、世界中のプログラマたちの手によって長年に渡って開発が続けられています。

Apacheは単独で動作するWebサーバでですので、固定グローバルIPアドレスをもつパソコンで、Apacheを立ち上げておくと、そのパソコンはウェブサーバーとして機能します。

Tomcat(トムキャット)とは、Jakartaプロジェクトのサブプロジェクトとして開発されているオープンソースのソフトウェアです。

TomcatはWebサーバと連携して実行できるJavaコードの環境を提供するJava ServletとJavaServer Pagesの仕様を実装しています。

Apacheなどのような他のHTTPサーバーと容易に連携させることができますが、Tomcat自体もHTTPサーバーの機能を備えており、単体でWebサーバーとして動作することも可能です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月8日

サブコンテンツ

このページの先頭へ