ファーストサーバの使い方と評判

ファーストサーバ
ファーストサーバーは、法人向けのレンタルサーバーとして有名で、利用している方も多かったのですが、2012年に致命的な大規模障害を起こしてしまったことで、信頼度を下げてしまいました。
この障害を教訓にして対策を行い、現在は安定感があるサーバーとなっていますが、まだ信頼の回復には至っていません。
月額料金 初期費用 容量 転送量
1,800円 5,000円 50G 無制限
MySQL マルチドメイン サポート お試し期間
1個 6個 電話・メール 2週間

ファーストサーバの使い方

ファーストサーバの評判

ファーストサーバは、安定感があり、法人向けのレンタルサーバーとして人気があったのですが、2012年6月に大規模障害を起こしてしまいました。バックアップデータまで消滅してしまうという状態で、大きな問題になりました。

そもそもバックアップと呼んでいたものが、バックアップではなくホットスタンバイ(待機系)だったということや、そのバックアップにも脆弱性用のパッチを当ててしまったという事で、バックアップが機能していない状況で、為す術がなかったようです。

同じような形で運営していたレンタルサーバーもあったのかもしれませんが、稼働率100%を謳っていながら障害を起こし、さらにWeb、メール、データベース、全てのデータを消失してしまったというのはレンタルサーバー業界に衝撃を与えました。

サーバーの規約で、損害賠償はあくまで支払った利用料金の返還という事になります。これはどこのサーバーでもこのような規約になっていますが、今回の障害+データ消去により、サイトが運営できなくなり倒産する会社も出てきたという話です。

ファーストサーバは、ビジネスサイトやネットショップで利用していた方も多く、自社でバックアップを
取っていなかった所は、売上の元が完全に無くなってしまったということになります。大手企業はしっかりバックアップしていたようですが、中小企業のWeb担当者レベルでは、サーバーの信頼感もあって何もしていなかったというケースも多いようです。

ただ、障害やデータ消失というのは、どこのレンタルサーバーを借りても、発生する可能性があるものですので、今回のことを教訓に我々ユーザー側もしっかりバックアップを取っておく必要があるという事を再認識できたと思います。

この後のファーストサーバの行方ですが、これだけ大きな問題を起こすと、復活できるのかが心配です。今回の件で訴訟を起こすところも出てきているようですし、現時点ではどうなるのかわかりません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが30個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月1,500G、メモリ16Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月28日
最終更新日:2013年11月19日

このページの先頭へ