レンタルサーバーの試用期間とは?

レンタルサーバーの契約をすると7日~14日ほどの試用期間が付いてきます。この期間はサーバのほとんどの機能を無料で利用する事がでます。サーバ料金の支払いを終えると試用期間が終了しますが、料金の支払いを忘れると契約が無効となります。

試用期間中も基本的には、全ての機能が使えますが、レンタルサーバーによっては一部の機能が使えないという事もあります。

支払いを済ます前にサーバが利用できるようになるので、これで全てが完了したと思ってしまう人も多いのですが、クレジットカード決済以外の場合は、後日請求書や振込み、引き落としによって支払いを行う必要があります。

ロケットネットやサーバーカウボーイのように、支払いを済ませないとレンタルサーバーが利用できないという会社もあるのですが、とりあえず直ぐに使いたいというユーザ側からしてみると、うれしくないやり方です。

ホスティング会社側からしてみれば、料金を貰う前にサーバの設定などを行う事は、コスト増に繋がるという事なのでしょうが、多くの会社が即時利用できるようにしているのだから、同じようにしないと売り上げを落とす事になるような気がします。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月11日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ