.co.jpドメインを取得したい

jpドメインには、属性・汎用・地域型などの種類があります。汎用JPドメインであれば、誰にでも取得する事が可能ですが、.co.jpは法人用のドメインですので、株式会社や有限会社などの法人でないと取得する事が出来ません。また、法人であっても一つの法人が取得できる.co.jpドメインは一つだけです。

ドメイン名が.co.jpになっているとそれだけで少し信頼度が増すような気もしますが、多くのユーザはドメイン名など気にしていません。ブラウザのアドレス欄にドメインを直接打ち込む事など滅多にありませんので、あまりドメイン名にこだわる必要はないでしょう。

既に述べたとおり汎用JPドメインである.jpは、誰でも取得する事が可能ですが、どのドメイン事業者でも.comや.netよりも.jpの方が取得費用が高くなっています。およそ2倍となっていますので、それであれば安いドメインを2つ取得した方が良いような気もします。

ただ、やはりco.jpは特殊なドメインですので、他の会社に取得されないためにも、法人化したら会社名のドメインは取得しておいた方が良いと思います。

ドメイン名によるSEO効果

少し前までドメイン名によってSEO効果に差が出るという事がよく言われていました。これは、.infoが不利で.jpが有利というようなトップレベルドメインの話から、ドメイン名にキーワードを入れた方が有利になるという話しなどいくつかあります。

しかし、現在の検索エンジンはドメイン名で優劣をつけるようなことはありません。ドメイン名にキーワードを含めても、それによって検索順位が上がるような事もありません。

また、日本語ドメインがいまだにSEOに効果があると思っている人も少なくないのですが、今では全く効果がないと言って良いでしょう。

日本語ドメインにする事で、ドメイン名が非常に分かりづらくなりますので、SEO目的で日本語ドメインを利用する事はおすすめしません。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月11日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ