wwwなしでホームページにアクセスできるようにしたい

基本的にどのレンタルサーバーでもドメイン設定を行うと、wwwなしでもサイトにアクセスすることが出来るようになっているはずです。逆にサーバによってはwwwをつけた場合にサイトにアクセスできない場合があります。この場合は、サブドメイン設定でwwwでも見られるように指定しておきましょう。

当サイトのURLは、http://rensabanet.com/ですが、http://www.rensabanet.com/でもアクセスすることが出来ます。ただWordPressの機能によって自動的にリダイレクトされているはずです。

WordPressの場合、登録したURLがwwwなしの場合には、wwwありでアクセスすると自動的にwwwなしにリダイレクトされるようになっています。

SEOの観点から、wwwありとなしでどちらかに統一した方が良いという事が言われていますが、統一した所で検索順位が大幅に上がることはまずありません。現在の検索エンジンは、どちらもほぼ同じように扱ってくれますので、わざわざリダイレクト設定などを行う必要もないでしょう。

内部リンクと被リンクを張る際のURLをどちらかに統一しておけば特に問題はありません。

 

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月11日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ