誤ってレンタルサーバーのデータを削除してしまった

レンタルサーバーにアップしているファイルを誤って削除してしまった経験がある方も多いと思います。手元にあるファイルであれば、再度アップすれば問題ないのですが、サーバ上にしか存在しないファイルを削除してしまうと、復旧する事ができません。

また、WordPressなどのCMSで、ブラウザ上からアップグレードを行ったような場合に、手元のファイルとサーバ上のファイルが異なる状態になりますので注意が必要です。サーバ移転を行う際には、必ずアップしてあるファイルを全てダウンロードして、新サーバにアップした方が良いでしょう。

パソコン上のファイルであれば、削除してもゴミ箱に入ります。ゴミ箱から完全に削除した場合でも、復元ソフトを使えばある程度のファイルは復活させる事ができます。ネットワークサーバ上のファイルも復元できる可能性がありますが、レンタルサーバー上のファイルを削除してしまった場合、復元することは出来ません。

ただし、ホスティング会社側でデータを保存しているのが一般的で、費用を支払えば復旧できる事がありますので、どうしても必要なファイルを誤って削除してしまった場合には、ホスティング会社に相談してみましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ