海外のレンタルサーバーでも問題ない?

日本で公開できないような内容のサイトの場合、海外のサーバを使うという選択肢がありますが、海外サーバの場合、信頼度などの点で二の足を踏んでしまう方も多いと思います。以前と比べると状況は良くなっているようですが、ホスティング会社によってはいい加減な所もあるようです。

英語が分かる方であれば、問題が発生しても対処できると思いますが、英語が全くわからなかったり、片言ぐらいだとメールのやり取りをするだけでも大変です。

問題が一切発生しなければ良いのですが、何かあったときの事を考えるとやはり日本のレンタルサーバーの方が安心ですね。

海外のサーバにWebサイトをアップした場合、日本からアクセスする際に、色々なネットワークを経由しなければなりませんので、サイトの表示が遅くなる可能性も考えられます。そのサーバ自体のバックボーンが太くても、そこに至るまでの回線が細いと当然影響が出てきます。

どうしても海外サーバを使わなければいけない理由があれば別ですが、基本的には安定度やサポートがしっかりしている日本のサーバと契約しておくのが良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ