ドメインの更新をし忘れてホームページが表示されなくなった

ドメインの更新を忘れてしまいWebサイトが表示されなくなってしまうというのは意外と良くある事です。レンタルサーバー代金は、月ごとに支払っている人も多いと思いますが、ドメインは1年や2年で契約するのが一般的ですので、年に1回の頻度でしか巡ってこないので、忘れてしまう人も多いと思います。

ただ、契約更新を忘れても直ちにそのドメインが失効するわけではありません。更新期限が来るとWebサイトは表示されなくなりますが、その後も1ヶ月ほどは、ドメインを更新できる猶予期間があります。

詳しくは、ドメインの失効を見て頂きたいのですが、猶予期間中は料金を支払えば直ぐに復活させる事できます。ただし、汎用JPドメインの場合は、20日間ですので注意が必要です。

毎日のようにアクセスしているサイトであれば、更新期限切れも直ぐに分かると思いますが、なかば放置しているようなサイトの場合、1ヶ月以上アクセスしないということも珍しくありません。気づいた時には完全にドメインが失効していたという事もあり得ますので気をつけましょう。

ドメイン更新のお知らせは、期限の1~2ヶ月前にドメイン事業者より登録メールアドレス宛に届きます。メールソフトに設定している場合でも、営業メールに紛れて見逃してしまう可能性がありますので、営業メール(新着メール)は送信しない設定にしておくのが良いかもしれません。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月11日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ