失効したドメインを再取得することは出来るの?

ドメインの更新を忘れてWebサイトが表示されなくなってしまう事はよくあるのですが、更新期限内に更新しなくても、その後1ヶ月ほどは猶予期間がありますので、更新することが可能です。期限切れと同時にそのドメインを誰でも取得できるようになってしまうのは、あまりに理不尽ですからね。

しかし、更新期限から30日(汎用JPドメインは20日)経っても更新しない場合は、ドメインが失効する事になります。ドメインが失効してしまった場合は、更新することが出来なくなります。

ただし、ドメインが失効しても同じドメイン名で新規取得すれば、再びそのドメインを使用することができるようになります。しかし、長期間保有されていたドメインやGoogleのページランクが付いているドメインは、失効した直後に中古ドメイン業者やSEO業者に取得されてしまう可能性が高いと言えます。

運よく誰にも取得されなければ良いのですが、価値あるドメインの場合は、まず再取得することは出来ないでしょう。社名になっているドメインだろうが、失効してしまえば第三者に取得される可能性がありますので注意しましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月11日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ