レンタルサーバーの初期設定費用とは?

レンタルサーバーの契約をした時にかかる費用は、初期設定費用と月額費用です。月額費用はサーバを利用するための賃貸料金みたいなものですが、初期設定費用って何?と思う人も多いかもしれません。

キャンペーンなどで初期設定費用が無料になっているレンタルサーバーもありますが、基本的には1,000~3,000円ぐらいの費用が求められます。サーバによって料金に大きな差があるのも不思議ですが、そもそもこの料金が何に関する費用なのかは気になる所です。

初期費用の中身についてホスティング会社側が公表することは無いのですが、主にサーバ設定費用だと思って良いでしょう。サーバを利用する際に、FTPサーバやFTPアカウントが必要となりますが、これは契約ごとに配布されるものですので、この設定をサーバに行うための費用と言う事になります。

しかし、実際の作業は完全にシステム化されているはずですので、数千円も徴収されるのは納得がいかないかもしれませんね。月額料金を抑えるために初期費用を高くしているレンタルサーバーもあるようです。

どちらにしても新規契約時に1回支払うだけの料金で、更新時には必要ありませんので、あまり気にする必要はないでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ