FTPが繋がらない、FTPでタイムアウトが出る

レンタルサーバー契約直後にFTPが繋がらない原因として、ネームサーバ情報が設定される前だったという事が考えられますが、それ以外にもFTP接続しづらい状態というのは少なくありません。

FTPが使用するポート番号の20や21を塞いでいたり、ファイアウォールでソフトを妨害している場合は問題外ですが、Dreamweaverやホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトでFTP接続する場合に、エラーが出る事が多いようです。

FTPソフトの問題なのか、パソコンの問題なのか原因を切り分けるために、FFFTPを使用した場合にも同じように接続しづらいのかを確認しておきましょう。FFFTPでも駄目な場合には、パソコンや回線の問題である可能性が高いと言えます。

DreamweaverでFTP接続が上手くいかない場合

回線や使っているルータによってDreamweaverでFTP接続が上手くいかないという事が良くあります。私自身、特にDreamweaver8以前で良く発生していました。

起動直後は問題ないのに、少しファイルの修正などを行い、再びFTPを行おうとすると上手くいかないという状態になった事がある人も多いと思います。一度接続を切断し、再び接続しなおせば問題なくFTPできるのですが、とても面倒な作業です。

こういった現象で悩まされている場合、設定を変更する事で、ストレスなくFTPできるようになるかもしれません。

サイトの管理の編集でその他のオプションをクリックすると、FTPPassiveモードを使用という項目がありますので、これにチェックを入れて保存します。(FFFTPはデフォルトでPASVモードがONになっています)

上図は、DreamweaverCS5の画面ですが、バージョンが違っていてもFTP設定画面にパッシブモードのチェック項目があるはずです。ただし、パッシブモードをONにすることで、逆に接続に不具合が発生する場合もありますので、その際には利用を中止します。

次に、編集タブの環境設定を選択し、サイトの中にある赤枠部分の数値を変更します。私は両方とも120にしていますが、特に120である必要はありません。

上記の2点を変更すれば、ほとんどのFTP接続エラーは回避できると思います。これでも駄目な場合には、Dreamweaverを再インストールしたり、バージョンアップを試してみてください。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月11日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ