日本語ドメイン名を利用したい

日本語ドメインとは、ドメイン名が日本語表記になっているドメインのことです。日本語をPunycodeで英数字に変換し使用します。

日本語ドメインはお名前.comやムームードメインで取得する事が可能です。

このサイトであれば、http://rensabanet.com/が本来のドメインですが、これを「レンサバネット.com」 という名前のドメインを取得したとすると、「xn--vck2apso0oyb.com 」というURLになります。

YahooのSEOに効果があるということで、日本語ドメインが流行った時がありますが、今ではあまり注目される事もなくなっています。日本語ドメインはドメイン名が長く分かりづらくなりますので、SEO目的で使用するのはやめた方が良いでしょう。

また、ドメインにキーワードを含めることでSEO効果があるという事が、良く言われていました。しかし、これは英語サイトの話で、日本語をローマ字に変換したり、英語に訳してドメインに含ませても効果はありません。

ドメイン名は、短くて分かりやすいものにするのが基本となります。ハイフンを含める方も多いのですが、できれば英語だけにした方が良いでしょう。数字もあまり美しくないので避けたい所です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ