ドメインを取得すると個人情報が公開されるの?

ドメインを取得する際に登録情報として名前や住所、連絡先などを入力したと思います。ドメイン情報はWhoisとしてネット上に公開されています。よって、ドメイン取得時の個人情報は、whoisを見れば分かる事になります。

ただし、whois情報は中古ドメイン販売事業者や一部のSEO業者が見るぐらいで、一般のユーザの目に触れることはまずありません。ですので、公開されていても特に問題になる事は無いと思います。

ドメイン事業者によっては、登録者の情報ではなく事業者の情報を載せるような選択肢を設けている場合もありますので、個人情報を載せるのが嫌な場合には利用しても良いでしょう。

偽名(ハンドルネーム)や偽の住所を登録している人も多いようですが、万が一何かあった際の連絡先としてメールアドレスは実際に利用しているものを登録しておいた方が良いと思います。

汎用jpドメインの場合、whois情報に登録者名を載せなければならないことになっています。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月12日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ