欲しいドメイン名が既に誰かに取得されている

ドメインの取得は早い者勝ちですので、欲しいドメイン名が既に取得されている場合には、どうしようもありません。大手企業の社名ドメインなどは、その会社が優先的に利用できるような事もあるようですが、基本的には先に取得した人のものです。

特に企業サイトにおけるドメイン名は非常に重要となりますので、Webサイトを公開する予定が無い場合でも、ドメイン名は先に取得しているという会社も多いようです。

どうしても欲しいドメインが誰かに取得されている場合には、ドメイン取得者と交渉して譲ってもらうしかありません。ドメイン取得者の情報は、Whoisで調べられます。ただ、登録者情報がドメイン事業者の場合は、取得した企業や個人を特定することは出来ません。

わかったとしてもドメインを譲ってもらえるかは分かりませんし、高額な費用を請求されるかもしれませんので、基本的には諦めた方が良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ