MySQLデータベースサイトのサーバーを移転方法

今使っているレンタルサーバーよりも、安くて高スペックなサーバが見つかった際に、移転したいと考える人も多いと思いますが、移転作業は初心者には少し難しいかもしれません。

  1. 新サーバの契約をする
  2. 新サーバに旧サーバのファイルをアップロードする
  3. 新サーバに旧サーバに設定してあるメールアカウントを設定する
  4. DNSを書き換える
  5. DNSが浸透したら旧サーバのファイルを削除する

基本的にはどのサーバに移転する場合でもこのような手順になります。

DNSを新サーバのネームサーバに書き換えても、DNSが完全に浸透するまでには、数日かかりますので、自分のパソコンで新サーバに切り替わったとしても、すぐに旧サーバからファイルを削除してはいけません。

データベースサイトの移転作業

HTMLサイトであれば比較的簡単に移転する事ができますが、データベースを使っているサイトの場合には、データベースの移行作業も必要となってきます。必ず新サーバで問題なく稼動する事を確認してから移転作業を行うようにしましょう。

一つずつ手順を踏んでやっていけば迷う事もないのかもしれませんが、なんだか不安なものですよね。WordPressやMovable Typeのサーバ移転に関する記事は、ネット上に沢山ありますので当サイトの記事も含め分かりやすそうなページをまとめておきます。

»WordPressサイトのサーバ移転の方法
»WordPressのサーバー移転
»WordPressの移行について
»Movable Typeのサーバー移転
»Movable Typeの移行について

ドメイン移転については、WordPressサイトのドメイン移転の方法をご覧ください。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月12日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメント


このページの先頭へ