404 File Not Foundの原因と404エラーページの作成方法

404 Not Foundとは、クライアント(Webブラウザなど)がサーバに接続できたものの、Webページを見つけられなかった時に表示するエラーメッセージの事です。また、要求に応えられない理由を明らかにしない時にも使われます。

使っているブラウザや、表示しようとしているサイトのレンタルサーバーによっても画面が変わりますが、このような表示を見た事がある方も多いと思います。これが404エラー時の画面です。

404エラーが表示される理由は、そのページを削除してしまった場合が最も多いですが、リンクの指定やURLの入力が間違っているという可能性もあります。URLは一文字違っているだけでも表示できませんので、実際に存在するページのURLと表示しようとしているURLが間違っていることは多いのです。

ファイル名やフォルダ名を変更し、リダイレクトを行っていない場合、旧URLで張られているリンクを全て新URLに変更しなければなりません。ただし、他サイトから張られているリンクについては変更する事ができませんので、そのサイトのリンクから訪問してきたユーザには404ページが表示される事になります。

そういった意味でもURLを変更したら、必ずリダイレクト設定を行うようにしましょう。これはSEOだけではなくアクセス数にも影響を与える可能性があります。

独自の404ページを作る

これは当サイトの404エラーページです。WordPressサイトで賢威というSEOテンプレートを使用しているのですが、味気ない404ページではなく、こういった独自のページを作ることで、ユーザの離脱を防ぐ事ができます。

WordPressであれば、利用しているテーマが自動的に404ページを作成していると思いますので、試しに存在しないURLで自分のサイトにアクセスしてみましょう。HTMLサイトの場合は、自分で作成し.htaccessの設定を行う必要があります。

»404 Not foundページの作成方法

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月12日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ