503 Service Temporarily Unavailableと表示される

503 Service Temporarily Unavailable(503エラー)は、アクセスが集中し転送量が制限値を超えた場合や、サーバーやシステムに何らかの問題が発生している場合に表示されるエラーです。

以前、百度という中国の検索エンジンが日本に上陸する前に、クローラーが異常にアクセスしたことで、503エラーになるサイトが増えたことが話題になりました。また、Movable Typeの不具合で503が頻発したという事例もあります。

このような画面を見た事がある人も多いと思います。404エラーは、ページが存在しない時に表示されるエラーですので、全く性質が異なるのですが、ページが表示されないという事に違いは無いので、大きな機会損失を生む原因となります。

アクセスが集中したときにも503エラーにならないようにする為には、よりスペックの高いレンタルサーバーを利用する事が重要ですが、基本的にどのサーバでも転送量に上限が無いということはありませんので、ある程度は仕方ないと言えます。

ちなみに、転送量が無制限となっているレンタルサーバーでも、転送量の上限を明記していないだけで、実際には制限を行っている所がほとんどです。

»503エラーが頻発していたサイトが安定するまでにしたこと

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月12日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:レンタルサーバーのQ&A

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ