Googleのパンダアップデートとペンギンアップデートの解説

前回、「Googleのページレイアウトアルゴリズム」について書きましたが、SEOに取り組んでいる人を悩ませているのが、「パンダアップデートとペンギンアップデート」です。

どちらもサイト評価を下げる為のアルゴリズムです。パンダアップデートは主にサイト内部のコンテンツ評価で、ペンギンアップデートがサイト外部の評価と言われています。

パンダアップデートとは

パンダアップデートは、低品質コンテンツの評価を下げると言われています。日本に導入されたのは2012年の7月18日で、日本版パンダはあまり猛威を振るっていませんが、今後アルゴリズムが更新されていくことで、精度は上がってくると予想されます。

パンダアップデートの影響を受ける可能性があるサイトは以下の様なサイトです。

  • 広告中心のサイト
  • 中身が無いページが多いサイト
  • テキスト量が少ないページが多いサイト
  • 重複ページが多いサイト

要するにユーザーにとって価値のない低品質なページがあるサイトということになります。どれくらいの割合でこういった低品質なページがあるとNGなのかということはGoogleにしかわかりません。

低品質ページがあるとサイト全体に影響が及びますので、できる限り全てのページが価値ある状態を保っていなければなりません。テキスト量が多ければ良いというものでもないのですが、検索エンジンは画像を評価することはできませんので、画像中心のサイトで、全く被リンクが付いていないような場合には、低品質コンテンツと判断するかもしれません。

現時点では海外版パンダと日本版パンダの性質が少し異なるため、どういった対策方法が良いのかはわかっていませんが、ユーザーの為のサイト作りということを考えていけば、自ずと答えは出てくるはずです。

当サイトもパンダアップデートの影響を受けてアクセス数が落ち込んだのですが、その後対策を行ったことで徐々にアクセスが戻って来ました。対策が良かったのかは分かりませんが、パンダのおかげでサイトの質が上がったことは間違いないのでこれで良かったのだと思います。

パンダが導入された7/18にがっつり落ちていますが、その後少しずつ回復して行きました。パンダアップデートの影響を受けたサイトの対策を行なっても、検索順位に反映されるのは、次回以降のパンダの更新作業が行われた時と言われています。

対策しても直ぐに順位に反映されないのがもどかしいですが、やるべきことをやったらじっと待つしかありません。

※Google公式ブログで、「良質なサイトを作るためのアドバイス」という記事が公開されており、パンダアップデートに関する重要なポイントが書かれていますので、一通り目を通しておいたほうが良いと思います。

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートは「過剰なSEO対策」を行なっているサイトの評価を下げるアルゴリズムです。主に質の悪い被リンクが付いているサイトがターゲットになっています。サイト内部の過剰なSEOも対象となりますが、基本的には被リンクを気をつけておけば良いと言えます。

被リンクに対するペナルティとしては、2011年からGoogleが行うようになった「Googleウェブマスターツールの不自然リンク警告」があります。Googleウェブマスターツールで不自然なリンクが付いているサイトに対して警告を行い、場合によってペナルティを科します。

警告を受けたサイトの全てがペナルティを科されるわけではありませんが、警告を受けた時点で、質の悪い被リンクは全て外して再審査リクエストしなければなりません。

ペンギンアップデートの影響を受けたサイト

  • 中小検索エンジンに登録しているサイト
  • リンク集に登録しているサイト
  • 過剰な相互リンクを行なっているサイト
  • 低品質のリンクが大量に付いているサイト

中小検索エンジンとは、いわゆるYomi-Searchのようなディレクトリ型の検索エンジンのことで、全てがいけないわけではないのですが、質が低いサイトが多く問題になっています。同じようにリンク集と呼ばれるサイトに登録していたサイトも影響を受けています。

相互リンクについても全てがNGというわけではないのですが、P-LINK、リンクモスト、相互リンクFINALなどのプログラムを使った相互リンクを行なっていたサイトが評価を下げたと言われています。

今までは一方的に貼られているリンクであればマイナスになることはなかったので、相互リンクが影響した場合、こちらからのリンクを外せば良かったのですが、ペンギンアップデートや不自然リンク警告により、一方向のリンクも怖い存在になっています。

ペンギンアップデートに捕まったサイトで解放されたサイトはほとんどないと言われており、ペナルティを回避するためにドメイン移転しても、いずれまた捕獲されるというのがオチですので、根本的な問題を解決しなければなりません。

ペンギンで落ちたサイトについては、質の低いリンクは全て外し、再審査リクエストを行います。ペンギンアップデートはアルゴリズムですので、再審査リクエストは直接的に関係しないのですが、順位が落ちた原因が100%ペンギンとは限りませんので、リクエストも送るのが基本です。

また、どうしても外すことが出来ない被リンクがある場合には、リンクの否認ツールでリンクを無効化する事も有効とされています。ただ、外せるリンクは全て外した上で、どうしても外せないリンクについては、リンクの否認ツールで無効化して、再審査リクエストするのが基本となります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ