ビッグキーワードの定義・上位表示とキーワードツールの使い方

前回、SEOに大切な「キーワードを選ぶ時にチェックする項目」という記事を書きましたが、今回はキーワードの大きさについてです。ビッグワード、ミドルワード、スモールワードという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

ビッグワードとは検索ボリュームの多いキーワードのことです。ビッグキーワードとも呼ばれています。時々”ビック”キーワードと表記しているのを見かけますがこれは間違いです。おそらくビックカメラに影響を受けてしまったのでしょう。

キーワードの大きさを図る指標

  • 検索ボリュームの多さ
  • ライバルサイトの強さ

どこからどこまでがビッグワードなのかという定義はないのですが、検索ボリューム数と上位表示難易度で判断するのが一般的なようです。

あくまで私の基準では、検索数が数十万クラスのキーワードか、数万クラスでも強いライバルサイトが多く上位表示が難しいワードです。言い換えれば、上位を獲得することで、大きなアクセスアップが見込めるワードということになります。数千~数万クラスがミドルワード、数千以下がスモールワードという感じでしょうか。

キーワードの検索回数を調べるツールとしては、GoogleキーワードツールYahooキーワードアドバイスツールがあります。Yahooのキーワードツールについては、ビジネスIDが必要になります。Yahooリスティングを使っていればビジネスIDは持っているはずです。

Googleキーワードツール

完全一致にチェックを入れて、「単語またはフレーズ」に検索したいキーワードを入力します。完全一致というのは、そのキーワードを単独での検索です。部分一致にしてしまうと、そのワードを含む複合キーワードでの検索も含まれます。

検索ボリュームが2つ表示されていますが、グローバル検索が全世界で検索されている回数で、ローカルが日本の回数です。1ヶ月間の検索回数となっています。

個人的に最近はキーワードツールは使っていないのですが、初心者の方はツールで検索数の多いキーワードを探すのも良いと思います。ただ、基本的に検索回数が多いキーワードは、ライバルが多いキーワードということになります。

今回記事を書くために久しぶりにツールを使ったのですが、以前より全体的に検索回数が少なくなっていますね。原因は良く分かりませんが、現在の数値が実際の検索数に近いのかもしれません。

Yahooキーワードアドバイスツール

キーワードアドバイスツールはかつては、SEOに必須のツールと言われていたのですが、一時期サービスが停止されていて、復活した後も検索数の表示がアバウトになってしまったので、あまり利用価値はないように思います。

使い方は特に難しいことはないと思います。検索数はGoogleよりも多い数字が出るかもしれません。GoogleとYahooが独自のデータを使っていますし、日本ではYahooの方が利用者が多いので数が違っていて当然なのですが、なんだかYahooの方は実際よりも水増しした数を表示しているように感じます。

Googleも正しい数字ではありませんので、キーワードツールを使う時には目安程度に考えた方が良いでしょう。間違ってもツールの数字だけでキーワードを選んではいけません。

検索数が少なくても上位表示が難しいキーワード

基本的には検索数が多いワードが上位表示するのが難しく、少ないワードが簡単ということになるのですが、検索数が少なくても上位にポータルサイト、メーカーサイト、大手サイト、アフィリエイトサイトなどが沢山いる場合には上位表示が難しくなります。

「アフィリエイト 稼ぐ」というワードは検索数が3,600で、検索数だけ見ればスモールワードなのですが、ライバルサイトがみんなアフィリエイターなので、上位表示は結構難しい部類に入るのかもしれません。

初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法というブログで、アフィリエイトに関する情報を配信しており、このサイトのターゲットキーワードが「アフィリエイト 稼ぐ」なのですが、2年ぐらい経ってもいまだに10位以内に入ることができていませんorz

キーワードの大きさに関係なく狙うのは1位

前回の記事でも書いたのですが、ビッグワードでも2ページ目や10位ではあまりアクセスアップには貢献しません。最低でも5位以内、できれば3位以内、目標は1位を狙って行きたいですね。

ビッグワードで1位というのはかなり難易度が高く、しかも1位を維持するのは至難の業です。果敢に挑むのもいいのですが、コストを考えるとロングテールSEOでアクセスを集めたほうが楽な気がします。ただ、ビッグワードで検索するユーザーは、ライトユーザーが多いので、そういったユーザーを集めることで、成約率は上がるかもしれません。

ミドルワードでも5位以内というのは結構難しいものです。ビッグの10位、ミドルの5位ぐらいであればスモールの1位の方がアクセスアップに役立つ時もありますので、あまりキーワードの大きさにこだわり過ぎないほうが良いと思います。とにかく1位は強いです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月25日

サブコンテンツ

このページの先頭へ