日本語ドメイン名の取得とSEO効果

ドメイン名というのは当サイトで言えば「rensabanet.com」という部分です。ドメイン名は唯一無二の名前ということになりますが、ドメイン名を日本語にしたり、過去に誰かが使用したことがあるドメイン名をあえて取得することで、サイト価値を高める方法があります。

日本語ドメインは2007年頃にYahooが独自の検索エンジンを開発していた時代に、SEOに効果的ということで脚光を浴びたのですが、その後はあまり注目されませんでした。しかし、2011年頃からGoogleのSEOに効果があるということで、アフィリエイターを中心に再び利用されるようになっています。

日本語ドメインは、お名前.comムームードメインなどの一般的なドメイン登録事業者で取得することができます。

日本語ドメインとは

日本語ドメインとはドメイン名に日本語が含まれるものです。

「レンタルサーバー.com」「リフォーム.net」などのドメイン名が日本語ドメインになります。

このように日本語ドメインは、検索結果にも日本語で表示されます。

ドメイン名にキーワードが含まれることで、SEOにおいてプラス効果があるということや、検索結果に日本語で表示されることで他のドメインよりも目立つのでクリック率が上がると言われています。

確かに日本語ドメインが上位表示されいるキーワードは多く、アフィリエイターの多くが利用しているのですが、個人的には使いたいと思いません。多少の効果があるのかもしれませんが、ドメインが日本語というのは見た目がダサいので、長期間育てる気になりません。

また、海外で完全一致ドメインの評価が下げられるような動きがあり、日本語においても同じような状況になると、日本語ドメインという事が理由で上位表示されていたようなドメインが順位を落とすかもしれません。

日本語ドメインサイトにリンクを張る場合は?

日本語ドメインは、ブラウザ上では日本語で表示されますが、実際にはピュニコードと呼ばれる文字変換されています。例えば、「レンサバネット.com」 という名前のドメインを取得したとすると、「xn--vck2apso0oyb.com 」が本当のURLになります。

日本語ドメインサイトにリンクを張る場合に、日本語のまま張るか、ピュニコードで張るかという2つの方法がありますが、SEO上はどちらも違いはないようです。

»日本語ドメイン名のURLでもPunycodeのURLでもGoogleは同じものとして処理する

全てピュニコードで張ると自作自演がバレるので、時々日本語のまま張るのが良いという話を聞いたことがありますが、被リンク効果としてはどちらで張っても変わりはないということですね。

中古ドメインとは

中古ドメインは、過去に誰かが取得したことがあるドメインを購入したり見つけ出して再利用することです。Googleから評価を受けているドメインを使うことで、サイト開設間もない状態でも一定の評価を受けられる可能性があります。

最近は、新規ドメインでも比較的早くサイト評価を上げることができるようになっていますが、中古ドメインを使って成果を上げている人も少なくありません。日本語ドメインの中古ドメインというのもありますので、キーワードと完全一致するようなドメインがドロップされた場合には、SEO業者やアフィリエイターが直ぐに取得してしまいます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年12月10日

サブコンテンツ

このページの先頭へ