SEOの為の間違ったサイト更新と更新頻度を上げるメリット

SEOにおいて「更新頻度」というのは良く取り上げられる事です。「更新頻度を上げると検索順位が上がる」という話を聞いたことがある人も多いと思います。

個人的には、更新頻度を上げた所でGoogleの評価は変わらないと思うのですが、ブログについては、更新されてこそ価値があるとも言えるので、更新頻度がブログ評価の一つになっている気がしています。

»ブログは更新頻度を上げる事でSEO対策・アクセスアップになる

ブログだけではなく普通のサイトでも更新されている事で、しっかり管理されているサイトと判断されますので、サイトの信頼度は上がるかもしれません。ただ、更新を勘違いしている人も多いと思います。

間違ったサイトの更新

  1. 更新日付を最新にする
  2. 修正せずにHTMLファイルをアップする
  3. Twitterウィジェットを導入する
  4. タイトルタグを修正する
  5. ページ内の数文字だけ修正する

こういったものは更新とは言いませんし、検索エンジンも更新されたとは判断しないでしょう。これらの行為がマイナスに働くことは無いと思いますが、プラスになることもないでしょう。やるだけ無駄ということですね。

サイトの更新は検索エンジンのために行うものではなく、訪問してくれるユーザーのために行うものです。新たに伝えることが無いのであれば更新する必要はありません。

また、完成されたサイトで、常に新しい情報が無いようなジャンルであれば、1年以上更新されていなくても特に問題はないでしょう。古くなった情報が放置されている事は問題がありますが、古いページでも価値ある情報がそこにあれば、自然リンクは公開から時間が経っても増えていくはずです。

更新することのメリット

  1. サイトボリュームが増える
  2. クローラーの訪問頻度が上がる
  3. インデックス速度が上がる
  4. リピーターが増える

SEOの為に更新する必要はないのですが、サイトを更新することで色々なメリットがあります。特に大きいのがサイトボリュームアップです。あくまでページを追加する更新の場合ですが、ページ数が増えることで、ロングテールSEO対策になり、アクセスアップが期待できます。

検索エンジンのクローラーの訪問頻度が上がったり、インデックス速度が上がるというのもSEOの一つとも言えるのですが、更新頻度を上げたことで結果的にSEOにも役に立ったということです。

また、頻繁に更新していることで、何度もサイトに訪問してくれるリピーターが増える可能性があります。更新が止まっているサイトの場合、いつ行っても情報が変わっていないため、気になる情報を見終えたら、ユーザーはもうサイトには来てくれません。

しかし、定期的に更新していれば、更新されたページを見に来てくれます。リピーター(ファン)が増えることで、他の人に紹介してくれたり、ブログなどからリンクを張ってくれる可能性もありますので、アクセスアップには欠かせない要素です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ