アフィリエイトサイトで気になるファーストビューの広告

Googleは広告やアフィリエイト広告を嫌っているわけではありませんが、サイトが作られた目的が広告であると判断した場合、サイト評価を下げる可能性があります。

最近はブログにAdSense広告を貼るのが一般的になっていますが、AdSenseも広告です。AdSenseをやっているとAdSenseチームから、サイトの目立つ位置に大きな広告を載せるように勧められることがありますが、広告配置によってはGoogleの検索順位を下げることになるかもしれません。

パンダアップデートやページレイアウトアルゴリズム

パンダアップデートページレイアウトアルゴリズムは、低品質なページや広告中心のサイトの評価を下げるアルゴリズムです。どういったサイトが評価を下げられるのかをGoogleが発表しているわけではありませんが、ファーストビューが広告ばかりになっていると危ないと言われています。

ファーストビューとは、ユーザーがサイトに訪れた時にスクロールせずに見られる範囲の事です。海外では、Above the foldと呼ばれています。

パソコンのモニターサイズによってもファーストビューは変わってくるのですが、当サイトのファーストビューはこのようになっています。

以前は、この位置にアフィリエイト広告を沢山貼っていたのですが、パンダアップデートが導入された時にアクセス数が落ちてからは、AdSenseやアフィリエイト広告は一切貼っていません。サイドバーの上部にバナーが一つありますが、これはアフィリエイト広告を貼っているページヘの内部リンクです。

内部リンクのバナーも広告と判断される可能性はありますが、nofollowを付けていますし、これぐらいはGoogleも許してくれるでしょう。

アフィリエイト広告を貼る時に注意すること

アフィリエイトサイトは全体的に質が低い場合が多いので、Googleがアフィリエイトサイトを嫌っていると思っている人も多いのですが、コンテンツを用意して広告の貼り方を間違えなければ、アフィリエイトサイトでもちゃんと評価されます。

  1. 広告を貼るページを限定する
  2. 意味ある形で広告を貼る
  3. 広告を貼るページをnoindexにする
  4. 広告ページヘのリンクをnofollowにする

アフィリエイトで稼ぐためには広告をクリックしてもらえなければなりませんので、クリック数を増やすためにサイト全体に広告を貼ってしまう人も多いのですが、広告を貼るページを限定したほうが良いでしょう。

サイトのテンプレート部分に広告を貼る場合でも、サイドバー下部やページ下部などのあまり目立たない位置に貼ります。当サイトではサイドバーの一番下と、記事の最後に貼っています。記事の最後に貼っている広告は、iframeで読み込ませて、元のページはnoindexにしています。

iframeにしている目的は、SEOのためではなく、並べ替えを行うためのtablekitというツールがWordPressのPHPファイル上で機能しなかったため、HTMLに貼って、それをiframeで読み込んでいます。

広告ページをユーザー目線の良いページにすれば、noindexやnofollowを付ける必要はないように思いますが、広告ページをインデックスさせる必要がないので、私は念のためnoindexを挿入しています。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年12月11日

サブコンテンツ

このページの先頭へ