sitemap.xmlとサイトマップページの作成方法

サイト管理する上で欠かせないGoogleウェブマスターツールですが、サイトを登録しただけで何もしていない人も多いのかもしれません。サイトを登録しておくだけでもGoogleからの不自然リンク警告などのメッセージを受け取る事ができますので、それでも良いのですが、どうせなら有効活用したいですね。

活用方法については、「初心者向けのGoogleウェブマスターツールの使い方」をご覧頂きたいのですが、このページではsitemap.xmlとサイトマップページについて解説します。

sitemap.xmlはインデックスを促進したり、インデックスされたページ数を確認するのに使います。サイトマップページは、ユーザーや検索エンジンのクローラーの回遊率を高めるために使用するものです。

sitemap.xml

sitemap.xmlはSEO対策の為に使用するものです。検索エンジンのサイト内に存在するURLを伝えることで、インデックスを促進させることができます。

当サイトのsitemap.xml

sitemap.xmlを見てもなんだか良くわからないと思いますが、各記事のURLがずらっと並んでいます。更新日や重要度なども書かれています。

sitemap.xmlの作り方

WordPressであればGoogle XML Sitemapsというプラグインで、記事を更新するたびに自動生成される状態にしておくのが良いと思います。一度設定してしまえばその後は特に何もする必要はありません。

HTMLサイトなどで自分でsitemap.xmlを作らなければならない場合には、sitemap.xml Editorというサイトが便利です。1000URLまでしか取得することができませんが、通常のサイトであれば1000URLもあれば十分だと思います。

ドメインを入力して「サイトマップを作成」をクリックするだけです。サイト内のリンクを辿って自動的にURLを取得していきます。除外ディレクトリを指定すれば、重要ではないページなどをsitemap.xmlから除外することも可能です。

作成したsitemap.xmlはドメインのトップディレクトリにアップします。「http://ドメイン名/sitemap.xml」でアクセスしてsitemap.xmlが表示されればOKです。

sitemap.xmlの登録

WordPressのプラグインを使う場合でも、sitemap.xml Editorを使う場合でも、sitemap.xmlを作成してサーバーにアップしただけでは、Googleはそれを認識することはできません。

Googleウェブマスターツールにログインし、「最適化⇒サイトマップ」と進み、右上にある「サイトマップの追加」をクリックし、ドメイン名の後に「sitemap.xml」と入力し「サイトマップを送信」をクリックすれば登録完了です。

WordPressサイトの場合、記事を追加するごとにプラグインでsitemap.xmlが作り直され、Googleは定期的に登録されたsitemap.xmlを見に行きますので、自動的に最新のsitemap.xmlをGoogleが認識することになります。

robots.txtでsitemap.xmlの存在を伝えることもできますが、ウェブマスターツールに登録しておくことでインデックスの情報が見られるようになります。

サイトマップページ

最近はあまり見かけることも無くなってきたのですが、数年前まではサイトマップページを作っているサイトも多かったと思います。作らなくても特に問題はないのですが、ページ数が多いサイトの場合には作ったほうが良いかもしれません。

サイトマップページというのは、このようにサイト内のページが一つにまとめられたページのことです。カテゴリや階層ごとに分かれているのが一般的です。

このように大きなカテゴリのトップページヘのリンクを並べるだけでもOKです。要するにこのサイトにはどのようなコンテンツがあるのかという事をユーザーに伝えられればどのような形でも大丈夫ですので、見やすいページにしましょう。

手動でサイトマップページを作るのは結構面倒ですので、WordPressであればPS Auto Sitemapというサイトマップページの自動生成プラグインが便利です。ただ、ツールで自動生成する場合、ユーザーにアピールする必要がない様なページも沢山含まれてしまい、見るに耐えないサイトマップになってしまうかもしれません。

SEO対策が目的で設置する場合にはそれでも良いのですが、ユーザーに見てもらいたいサイトマップであれば自分で作ったほうが良いと思います。サイトマップを作ったら、そのページへのリンクをサイト内のわかりやすい位置から張っておきましょう。SEO目的のサイトマップであればフッターなどから張っても良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ