被リンクのアンカーテキストの自然な形とは

Googleの検索順位を上げるために重要なのが被リンクです。現在、GoogleとYahooの検索エンジンは同じですので、Yahooの検索順位を上げるためにも被リンクが重要ということになります。

被リンクとは他ドメインから張られた外部リンクのことですが、第三者が自然発生的に張ったリンクと、自分で人工的に張ったリンクでは評価が異なります。人工リンクの場合、ペナルティを受ける場合もありますので注意が必要です。

Googleがどうやって自然なリンクと人工リンクを見極めているのかはわかりませんが、人工的にリンクを張る場合、どうしてもアンカーテキストに偏りが見られたり、リンクの増え方が怪しいものになってしまいます。

人工的な臭いがする怪しいリンク

  • アンカーテキストが全て同じ
  • 単一キーワードでリンクが張られている
  • 全てのリンクにキーワードが含まれている
  • リンクの増え方が異常または一定
  • リンク元のサイトやページに多様性がない
  • サイトが更新されていないのにリンクが増えていく
  • SNSで拡散していないのにリンクが増えていく

SEOを勉強したばかりの人の場合、アンカーテキストにはキーワードを含めた方が良いと学んだと思いますが、自然に張られるリンクの場合、圧倒的にキーワードが含まれない事のほうが多いのです。

Googleに評価されるリンクにするために、なるべく人工的な臭いは消したい所ですが、人工的に自然なリンクを作り出すのは非常に難しいと思います。個人運営の非IT系の無料ブログなどのリンクの貼り方が参考になりますが、真似するのは難しいでしょう。

ではどうするのかということですが、Googleに人工リンクだとバレても良い状態にするのが一番だと思います。Googleは全ての自作自演リンクをスパム扱いしているわけではありません。ページランクを渡すことだけを目的にしたり、リンク先に誘導することだけが目的のリンクをスパムと言っているのです。

ユーザーにとって必要なリンクであれば、自分のサイトへ向けてリンクを張っても何の問題もありません。私も自分が運営するサイトに頻繁にリンクを張っていますが、それでペナルティを受けたことはありません。

リンク元とリンク先の質を上げる

リンクのアンカーテキストをどうするのかという事を考えるよりも、リンク元とリンク先のページの質を上げて、意味あるリンクを張ることが大切です。そのページを見たユーザーにとって必要なリンクであれば、Googleに評価されるリンクになるはずです。

SEOを学んでいくと、どうやってGoogleを騙して人工リンクを自然なリンクに見せるのかという考え方が芽生えてしまいますが、その考え方がペナルティを生みます。自演リンクでサイト評価を上げることは大切ですが、不自然リンク警告やペンギンアップデートによるペナルティのリスクを考えると、やるべきことは自ずと絞られてきます。

コンテンツのあるサイトを複数作り、それらのサイト同士でリンクを張り合う分には全く問題ありません。もちろんリンク評価を上げるためではなく、そのページに必要なリンクを張るようにします。それだけでも十分なアクセス数を得るだけの効果は期待できます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年12月11日

サブコンテンツ

このページの先頭へ