アクセスアップに最適なWordPressブログを活用する

どの分野のサイトを作る場合でも活用できるのが「ブログ」です。TwitterやFacebookなどのSNSやLINEなどのコミュニケーションツールが豊富にある時代に、いまさらブログと思うかもしれませんが、SEOやアクセスアップという事を考えた時に最も効果的なのがブログです。

TwitterやFacebookなどのSNSを活用するのもいいですが、同時にブログを運営していると相乗効果で大きなチカラを生み出します。

ブログと言った場合、アメーバブログやライブドアブログなどの無料ブログをイメージする人も多いと思いますが、SEOに役立つのは独自ドメインブログです。サイトのドメイン内にブログを構築します。

そうすることで、サイトボリュームとテキスト量が増えてロングテールSEOの効果を上げることができます。

WordPressでブログを作ってみよう

ブログを作るシステムとしては、WordPressとMovable Typeが有名ですが、完全にWordPressの一人勝ち状態ですので、これから新しいブログを構築する場合には、WordPressを活用するのが良いでしょう。

Web初心者の方には少し難しいかもしれませんが、一からHTMLを憶えてサイトを作るよりもずっと楽ですので、サイト自体をWordPressで作りその中にブログを作っても良いと思います。

当サイトもWordPressで作っていますが、その中でレンサバブログを運営しています。blogディレクトリに別WordPressをインストールしてもいいですし、当サイトのようにWordPress内の一つのカテゴリをブログにしても良いでしょう。

WordPressのデフォルト状態では、カテゴリのURLにCategoryが含まれてしまいますので、カテゴリURLからcategoryを消す為にWP No Category Baseというプラグインを使います。そうすることで、ブログカテゴリトップのURLが、「http://ドメイン/blog/」という形になります。

あとは、blogカテゴリに記事をどんどんアップしていくだけです。blogカテゴリに子カテゴリを設けても良いと思います。当サイトでも「/blog/seo/」や「/blog/hp/」という形で子カテゴリを作っています。

ブログは更新頻度が重要

ブログを作っても更新しなければ意味がありません。ブログの評価は更新されているかどうかで決まると言っても過言ではないぐらい、ブログにとって更新はとても大切です。

単に記事を追加することが更新というわけではなく、その記事を見た人にとってメリットがあるような記事を書いて行かなければなりません。始めのうちは難しいかもしれませんが、何本も記事を書いているうちに慣れていきます。

できればブログを開設した当初は毎日記事を更新して、100記事ぐらいになったら、週2~3回の更新にして、300記事ぐらいになったら週1更新といったように徐々に減らしていく形が良いと思います。

何年間も毎日更新してもいいですが、そんなに書くこともないでしょうし、中身の薄い記事を大量に作ってしまうとGoogleのパンダアップデートが怖いので、中身のある記事が書けないのであれば更新しない方が良いでしょう。

最終的に週1更新であれば何年間も続けられるはずです。週に1回であればその間にブログ記事のネタも出てくるでしょう。私もSEOブログを5年以上続けていますが、今でも週1更新を継続しています。なんどか更新が止まりそうな事がありましたが、結構続けられるものです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年12月11日

サブコンテンツ

このページの先頭へ