今のSEO対策にキーワード量の調整は必要ない

前回、「今のSEOに見出しタグ(h1)の最適化は必要ない」という記事を書きましたが、もう一つ今でも重要だと思っている人が多いのが、「キーワード量」です。キーワード出現頻度やキーワード出現率、キーワード密度とも呼ばれています。

SEOでは、ページごとにターゲットキーワードを決めますが、そのキーワードをページ内で何回使うのか、総単語数の5%ぐらいになるようにそのキーワードの量を調節するという事が行われています。

私がSEOを始めた2006年頃は、キーワード出現頻度を調整するのが当たり前だったのですが、現在では全く気にする必要のない要素となっています。

キーワード出現頻度解析ツール

今でもキーワード出現頻度をチェックするツールは沢山あります。ツールによって単語の拾い方が変わるため、出現頻度も微妙に違ってくるのですが、どのツールを使ってもOKというか、こういったツールを使ってキーワード量を調整する必要はありません。

今のGoogleのSEO対策において、キーワード出現頻度を気にする必要はないのです。今というか本当は以前から重要な要素ではなかったのかもしれません。SEOって当たり前のように行われていることでも全く意味が無いという事も多そうです。

キーワードを気にせずに文章を書く重要性

タイトルタグにターゲットキーワードを含ませるのは基本ですし、見出しタグにキーワードを含ませることで、見出し以下に続く文章がどういった内容なのかという事を、ユーザーに伝えることができますので、タイトルタグや見出しにキーワードを入れるのはOKです。

ただ、それを見るのは検索エンジンではなく、人間も見るわけですから、人間が見ておかしなタイトルや見出しになっている場合には修正したほうが良いでしょう。特にタイトルタグにはキーワードを詰め込みたくなりますが要注意です。

コンテンツ部分の文章にもキーワードを含ませることが重要という事が言われますが、これについては気にする必要はないでしょう。気にしなくても決まったテーマについて普通に文章を書いていければ、自然とキーワードは含まれてくるはずです。

文章を書いた後にキーワード量が少ないからという理由で、文章の中に無理やりキーワードを入れるのは言語道断です。こそあど言葉と呼ばれるものをキーワードに置き換える必要もありません。自然体で文章を書いたものが最も自然なわけですから、それをSEOの為に修正する必要はありません。

自然に書いた文章が最もユーザーの心に響くと思います。ユーザーが支持する文章を検索エンジンも評価したいと考えますので、SEOを意識せずにユーザーの方だけを向いて文章を書くのもOKです。

ロングテールSEOの重要性

自然体で文章書くことで、色々なキーワードが含まれてきます。ターゲットキワードの関連キーワードや共起語が多くなるほどロングテールSEOによりアクセス数が集まります。

ロングテールSEOは誰にでもできる効果的なテクニックです。テクニックというかテーマを絞った専門性の高いページを沢山作ればそれだけでロングテールSEOになります。SEOのことを知らない人でも、その分野に長けた知識があればアクセス数を集めることは可能です。

特定のキーワードで上位表示を狙うのも良いのですが、ストレス無く安定したアクセス数を集めることが出来るのがロングテールSEOのいいところです。地道な作業の繰り返しが必要になりますが、どのジャンルのどんなサイトでも実践できるというメリットがあります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ