サーバー障害・サーバー停止時に検索順位が落ちる?

レンタルサーバーを借りていると、障害やトラブルが発生しサーバーが停止したり、サイトの設定を間違えてサイトが表示できなくなってしまうことがあります。

間違えてファイルを削除してしまう事もあるでしょうし、ドメインやサーバーの契約更新を忘れていてサイトが表示されなくなることもありますよね。

そういった時に、サイトにアクセスすると500エラー、503エラー、404エラーなどが表示されますが、Googleなどの検索エンジンのクローラーがサイトにアクセスした時にサイトの評価を下げる(検索順位を下げる)のではないかと思っている人も多いと思います。

ただ、数時間~1日ぐらいサイトが表示できなかったぐらいでは特に問題はありません。ファイルを間違えて削除してしまい404エラーを返したとしても、Googleがすぐにサイト評価を下げるようなことはありません。

サーバー移転の際にDNSが浸透する前に、旧サーバーのデータを削除してしまった時も最大で48時間サイトにアクセス出来ない可能性がありますが、丸2日間アクセスできなくても検索順位には影響しないでしょう。

※サイトのメンテナンスで一時的にアクセス出来ない場合には、404エラーではなく503エラーを返すようにしましょう。404と503ではクローラーの認識が変わってきます。

クローラーがサイトにアクセス出来ないとメッセージが届く

Googleウェブマスターツールにサイトを登録していると、クローラー(Googlebot)がサイトにアクセスできなかった時に接続エラーのメッセージを送ってくれます。

image01

これは、私が管理するサイトに届いた接続エラーのメッセージですが、エラー率が一定数を超えるとメッセージが送られてくるようです。

このサイトは特にサーバー障害が発生したり、サイトに問題があったわけではないのですが、使っているサーバーのスペックがあまり高くなく、複数のWordPressをインストールしていることで、一時的に接続に不具合が出たようです。

このメッセージを受け取ったとしても、現時点でサーバーやサイトに問題が発生していないということであれば特に何もする必要はありません。頻繁にメッセージを貰うようだと問題ですが、1、2回貰ったぐらいではなんてことはありません。

長時間サイトにアクセス出来ない場合

短時間であればクローラーがサイトにアクセスできなくても気にする必要はないのですが、長期間アクセス出来ない状態が続くと、検索順位に影響を与えます。何日以上アクセス出来ないと評価を下げるのかはわかりませんが、経験上数週間放置すると影響が出る可能性が高いです。

ただ、一度順位が落ちた場合でも、またサイトにアクセスできるようにすれば、順位はすぐに戻ってきます。この場合の順位の下落は一時的に検索ユーザーの視界から消されているような状態です。

»Googlebotが長期間サイトにアクセス出来ないとトラフィックが激減する

こちらのサイトで紹介されている事例が、まさにクローラーがサイトにアクセスできなくて検索順位を落とされたケースですが、アクセス数がほぼゼロになるというのは中々厳しいですね。ただ、表示されないページを検索上位に残しておくことはGoogleの信頼度を落とすことになるので当然の措置とも言えます。

このサイトでもクローラーがアクセスできるようにしたらすぐにアクセス数が戻ってきたようですね。ペナルティを受けたわけではないので、そのサイトにアクセスできるようになったら元に戻すということですね。

私の知り合いもドメインの更新を忘れていて、2~3週間サイトにアクセスできなくなっていた時に、アクセス数が激減したと言っていました。その時もドメインを更新したらすぐに元に戻っていました。ちなみにドメインは期限が切れても1ヶ月ほどは猶予期間があります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2013年2月27日

サブコンテンツ

このページの先頭へ