検索順位の変動を察知する無料SEOツール

SEO対策を行っている人は、検索順位の変動をチェックすることが日課になっていると思いますが、特定のキーワードの順位に変動が見られたからといって何かGoogleのアルゴリズムに大きな変化があったとは限りません。

パンダアップデートやペンギンアップデートという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、Googleはこういった大きなアルゴリズム更新を含め、年間500もの更新作業を行なっています。

順位変動は常に起きていますので、何か動きを感じた時には、まずは、自分のサイトでのみ起こっていることなのか、Google全体で起こっていることなのかを見極めなければなりません。

Googleの変化を察知するツール

  1. 順位チェックツール:GRC、IKKOなど
  2. アクセス解析:Googleアナリティクス、リサーチアルチザンなど
  3. 大変動察知ツール:MozCast、namazなど

Googleの動きを知るために手動で検索をかけても良いのですが、通常はこういったツールを使います。自分のサイトやライバルサイトの順位を知るために、順位チェックツールを使っている方も多いと思います。

順位チェックツール

検索順位チェックツールはいくつかありますが、現在無料で使えて順位の履歴やグラフが確認できるツールとしておすすめできるのはIKKOしかありません。

IKKOもあまり良いとは言えず、100位までしかチェックできないのと、グラフのクオリティが低いのが難点です。ただ、無料のインストール型ランキングチェッカーでは最もお勧めできるものです。

SEO業者やアフィリエイターはGRCを使っている事が多いですね。私も少し前からGRCを使い始めました。年間1万円弱の料金がかかりますが、とても性能は良いと思います。

こんな感じで順位とグラフが見られます。順位は300位まででキーワード数は無制限です。

アクセス解析

順位が動いてもアクセス数には大きな変化がないこともありますし、逆に順位がさほど動いていないのにアクセス数が大きく変動していることがあります。

順位チェックツールを使ったとしても全てのキーワードの順位をチェックすることはできませんので、必ずアクセス解析で実際の流入数はどうなっているのかを見なければなりません。

これが、無料アクセス解析として有名なGoogleアナリティクスです。高機能でカスタマイズ性に富んでいるのでオススメです。

SEOの指標としては、YahooやGoogleからの検索エンジンからアクセスを見なければ意味がありませんので、「トラフィック⇒参照元⇒検索⇒オーガニック検索」と進み検索トラフィックの変動を見ます。

また、Googleウェブマスターツールの検索クエリでも、自分のサイトの状態が確認できます。なお、検索クエリはGoogleウェブマスターツールとアナリティクスを統合することで、アナリティクスでも確認できるようになります。

検索クエリでは、そのキーワードが検索結果に表示された回数やクリック数が見られますが、「クエリ数・表示回数・クリック数」のトータルの数字で過去と比較して増減しているのかを見るのが良いでしょう。

大変動察知ツール

自分のサイトの検索順位やアクセス数、登録している他サイトの検索順位だけを見ていても、Googleの大きなアルゴリズム更新を確認することはできませんので、全体的な変化を見るためには順位変動を察知するツールが有効です。

ツールとしてはこの3つが有名です。MozCastは海外版のツールで、Google.comでの順位変動が対象となっています。あとの2つは日本のツールです。

ツールで大変動を確認しても自分のサイトでは大きな変化がないことも多いのですが、こういったツールの数値が大きく動く時はGoogleが何かしらのアルゴリズム更新を行なった可能性が高いと言えます。

以上の3つの異なるツールを使って順位変動やアクセス数の変動を見ることで、今自分のサイトやGoogleに何が起きているのかを総合的に判断することができます。SEOでは順位に振り回される事も多いですが、長期的な視点で血に足のついた施策を行なって行きたいですね。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年11月22日

サブコンテンツ

このページの先頭へ