初心者向けのGoogleウェブマスターツールの使い方

サイト運営をする上でアクセス解析が必要になってきます。Googleアナリティクスを使っている人が多いと思いますが、 もう一つGoogleが提供している無料のサイト管理者用のツールがGoogleウェブマスターツールです。

Googleウェブマスターツールは使っていない人も多いのですが、とても重要な項目がチェックできることや、何かサイトに問題が発生している場合、Googleから手動のペナルティを受けた場合などにGoogleからメッセージを貰うことができますので、必ず登録しておきましょう。

登録方法や詳細な使い方については、Googleウェブマスターツールの使い方と登録方法をご覧ください。

また、ペナルティを受けた場合の解除方法については、Googleの再審査リクエストのやり方・書き方をご覧ください。

Googleウェブマスターツールで確認したい項目

このページでは、ウェブマスターツールを使う上で、最低限確認しておきたい項目を挙げておきます。

Googleからのメッセージ

ウェブマスターツールで最も重要といえるのがGoogleから届くメッセージです。SEOをやっているとどうしてもGoogleのガイドラインに違反するような事をしてしまうものですが、被リンクタイサクとして、自演リンクや有料リンクを行なっていると、Googleから不自然リンク警告が届くことがあります。

警告が来たら即座にペナルティを受けるというわけではありませんが、ペナルティを受けているか、いずれペナルティを受ける可能性が高いと言えますので、不自然なリンクを外して再審査リクエストを送らなければなりません。

その他にもサイトがマルウェア(ウイルス)に感染している場合や、サイトにアクセス出来ない場合、大きな問題が発生している時にメッセージを送ってくれます。

不自然リンク警告と同じように、被リンクに対するペナルティとしてペンギンアップデートという物もあります。(パンダアップデートとペンギンアップデート

検索クエリ

検索クエリはGoogleの検索結果に表示された回数や、キーワードごとの平均掲載順位などが確認できます。サイトに問題が発生している場合には、クエリ数や表示回数が大きく動きます。

パンダアップデートやペンギンアップデート、その他の大きなアルゴリズム更新によって、サイトの評価が大きく変わる時がありますが、そういった時には検索クエリをチェックしておきましょう。なお、検索クエリは直近3日間のデータが取得できませんので、変動が起きたその日にリアルタイムでチェックするのには役立ちません。

サイトマップ

sitemap.xmlの登録は、インデックスを促進するのに役立ちますが、送信しているページ数とインデックスされているページ数を見る為にも役立ちます。

これは当サイトのサイトマップの状況です。640ページ中567ページしかインデックスされていないことになりますが、当サイトではパンダアップデート対策として、質の低いページや重複ページにnoindexを追加していますので、このような数字になります。

通常のサイトにおいては送信数とインデックス数が同じになるのが理想的です。なお、新しいページを追加した直後はsitemap.xmlでURLを送信してもすぐにインデックス数には反映されません。WordPressサイトであれば記事を追加した時に自動的にsitemap.xmlを作成するプラグインがあります。

クロールの統計情報

これについては、あまり重要度は高くないのですが、サイトにしっかりGoogleのクローラーが訪問してきているのかをチェックします。クローラーの訪問は、生ログでも確認することができますが、大きな動きを見る場合には、ウェブマスターツールが便利です。

全くクローラーが来ていなかったり、ほとんど来ていなかったり、急に訪問頻度が減っているような場合には要注意です。ただし、サイトの更新頻度が低い場合や、ページ数が少ない場合には、クローラーの動きも小さくなるかもしれません。

インデックスの促進

サイトマップよりもインデックス速度を早める効果が期待できるのが、Fetch as Googleです。サイト全体ではなく、新たに記事を書いた時などに使います。

Fetch as Googleを使えば、必ず直ぐにインデックスされるというわけではありませんが、かなり早くなる可能性がありますので、特にHTMLサイトでページを追加した時に使ってみるのが良いと思います。

»Fetch as Googleでインデックス速度を早める

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年11月22日

サブコンテンツ

このページの先頭へ