初心者向けのGoogleアナリティクスの使い方

サイトを管理・運営する上で、欠かせないのがGoogleウェブマスターツールとGoogleアナリティクスです。アナリティクスはアクセス解析ツールのことで、有名なので利用者も多いと思いますが、まだ入れていない人は今すぐにでも入れたほうが良いと思います。

初心者の方には機能を使いこなすのが少し難しいかもしれませんが、無料アクセス解析ツールとしては最も高機能で信頼性も高く、ウェブマスターツールやAdSense、AdWordsとの相性も抜群です。

初めて使うという方は、Googleアナリティクスの登録方法と使い方をご覧頂き、自分のサイトにアナリティクスを導入してください。

Googleアナリティクスでチェックしたい項目

アクセス解析でチェックしたい項目は沢山あるのですが、初心者の方はまずはこの4つに注目してみましょう。興味を持てば自然と憶えていきますので、始めからすべてを理解しようとしない方が良いと思います。

アクセス数

これが基本となるサイトのアクセス数の情報です。

  • 訪問数:ユーザーの訪問回数
  • ユーザー数:ユニークユーザーの数
  • ページビュー数:訪問されたページ数
  • 訪問別ページビュー:ページビュー数÷訪問数
  • 滞在時間:訪問者の平均滞在時間
  • 直帰率:直帰したユーザーの割合
  • 新規訪問の割合:新規ユーザーの割合

色々と項目があり始めのうちは意味がわからないと思いますが、それぞれの数値の変化を見ることが重要です。

訪問数、ユーザー数、ページビュー数を増やす為にサイトの質を上げたりページを追加しますが、通常はそんなに簡単に増えるものではありませんので、月単位で比較して先月よりも増えていればそれでOKです。日付の部分をクリックすると過去と比較することもできます。

»直帰率を上げる原因と直帰率を下げる為にやる事

「トラフィック⇒参照元⇒検索⇒オーガニック検索」と進むと、YahooやGoogleなどの検索エンジンからの訪問者の数のみを知ることができます。SEO対策をやる上では、検索トラフィックがどれだけ増えているのかという部分が重要になってきます。

検索キーワード

検索キーワードとは、検索エンジン経由の訪問者が、自分のサイトへ訪問してくる時に、検索サイトで検索したキーワードのことです。

現在はGoogleアカウントでログインしているユーザーなどの検索キーワードデータが取得できなくなっているために、not providedの割合が多くなっています。IT系サイトの場合、not providedの割合が50%を超えることもあり、あまり参考にならないものになっているのですが、ユーザーがどういったキーワードで検索して自分のサイトへ来ているのかを知ることは大切です。

Googleアナリティクスのキーワードの「not provided」が急増

人気のページ

「コンテンツ⇒サイトコンテンツ⇒すべてのページ⇒ページタイトル」と進んでいくと、訪問者が多いページを確認することができます。

どういったページがユーザーに人気になっているのかということは、今後新しいページを作る時の参考にもなりますし、検索エンジンからのアクセスが多いページは、SEO対策が上手く行っていることを確認できます。

セカンダリディメンションを参照元にすると、参照元ごとのアクセス数が確認できます。訪問者が多いページでもGoogleやYahooからのアクセスが多いのか、他のサイトからのアクセスが多いのかによって捉え方が変わってきます。

コンバージョン

それぞれサイトに目的があると思います。ビジネスサイトであれば問い合わせだったり、ネットショップであれば商品購入といったことがありますが、それらのことを目標(コンバージョン)設定することで、成果が確認できます。

»Googleアナリティクスのコンバージョン設定(バナークリック偏)

当サイトではレンタルサーバーランキングページへのバナーのクリックをコンバージョンとして設定しています。

コンバージョンには、目標URL、目標への繊維、目標到達プロセス、ゴールフローなど沢山の項目がありますので、ユーザーを上手く誘導できているのかなどのチェックを行いましょう。

カスタムレポートを作成しておけば、それぞれのコンバージョンごとの検索キーワードなども確認できるようになります。どういったキーワードで訪問してくるユーザーがコンバージョンに至っているのかなどの調査は大切です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ