直帰率を上げる原因と直帰率を下げる為にやる事

直帰率というのは、ランディングページ(閲覧開始ページ)のみを見て他のサイトへ行ってしまったユーザーの割合のことです。

例えば、最初にAというページを見た人が、サイト内のBやCのページを見た場合には、直帰していませんが、Aから張られている外部リンクや広告をクリックして、他のサイトへ行ってしまった場合には直帰したということになります。

また、YahooやGoogleの検索結果から訪問してきた人が、そのページだけを見て、また検索結果に戻ってしまったらそれも直帰です。最初に見たページからサイト内の他のページヘ移動すること無く、サイトを離れてしまった場合は、全て直帰したということになります。

»ランディングページと直帰率を理解する

直帰率については、こちらの記事で詳しく解説されています。

「直帰率=直帰した訪問数÷訪問数」ですので、10人中4人が直帰してしまった場合には、直帰率は40%という事になります。

自分のサイトの直帰率を確認する

これは当サイトのアクセス解析ですが、Googleアナリティクスではこういったデータが確認できます。他の解析ソフトでも直帰率は確認できると思います。

当サイトでは、訪問者の約7割が直帰しているという事になります。少し多いように感じるかもしれませんが、ごくごく一般的な数字です。サイトによっては60%代になる事もありますが、50%代のサイトは少ないでしょう。逆に80%や90%になることもあります。

これは、ページごとの解析データですが、ページ滞在時間や直帰率、離脱率などが確認できます。ページ滞在時間とは、ユーザーがそのページを見ていた時間のことで、離脱率は、そのページを最後にサイトを離れた人の割合のことです。

たとえば、ネットショップの場合、離脱しているページが商品購入後のサンキューページであるのが理想ですが、その前の買い物カゴで離脱している人が多い場合には、システムに何らかの問題が発生しているかもしれません。

離脱率が高いことが悪いのではなく、意図せぬページ以外のページで離脱している人が多いことが問題なのです。ユーザーを上手く誘導することができていない場合には、コンバージョンページ以外での離脱率が高くなります。

ページ閲覧時間についても、長ければ良いというものではありません。書かれている内容がわかりづらい為に長時間そのページにいたかもしれませんし、そのページを開いたまま別の作業をしていたユーザーがいるかも知れません。

直帰率が高いと悪いわけではない

直帰率が高いということは、そのページだけを見て他のサイトへ行ってしまった人が多いという事になりますが、直帰率が高いからそのサイトの質が低いというわけではありません。

特にブログのように各記事がランディングページになる可能性が高いサイトの場合、お目当ての記事をじっくり読んで、それで満足して他のサイトへ行くユーザーも多くなります。滞在時間が短く直帰率も高い場合には、がっかりして帰ってしまったユーザーが多いという事になりますが、直帰率のみでサイトの良し悪しを判断することが無いようにしましょう。

直帰率を上げてしまう原因

直帰率を上げてしまう原因となる要素はいくつかありますが、ユーザーが直帰してしまう代表的なものを挙げておきます。

  1. デザインに嫌悪感を感じた
  2. ファーストビューに広告が多く
  3. 求めていたページと違っていた
  4. 他のページヘ上手く誘導できていない
  5. そのページを見て満足した、問題が解決した

1~4まではサイトに問題がある為にユーザーに嫌われてしまったケースです。5については、ブログなどにおいてはポジティブな行動と取れますが、ビジネスサイトの場合、コンバージョンに繋げるのが目的ですので、4の上手く他のページヘ誘導できていないケースと同じく、ネガティブな原因も考えられます。

ファーストビューというのは、そのページに訪問した時に始めに見える部分のことです。サイトの上部ということになります。この部分に広告が多く、コンテンツ部分が隠れてしまっているような場合には、このサイトには自分の求めるものがないと判断し直帰してしまうかもしれません。

直帰率はサイトのジャンルや形態によっても変わってきますので、直帰率が何%以下になるようにするということを考えるのではなく、今の直帰率よりも低くなるようにする為にどうするのかということを考えるのが良いと思います。ただ、その場合でも限界というものがありますので、直帰率だけを指標にしてはいけません。

離脱率やページ閲覧時間の向上についても同じことが言えますが、アクセス解析は様々な要素を総合的に判断する必要があります。ビジネスサイトであれば、ユーザーが求める情報を提供して、その上でコンバージョンに繋がるような施策が必要になります。

直帰率を下げる為にやること

  1. わかりづらいデザインにしない
  2. ファーストビューに広告を貼らない
  3. コンバージョンページへの導線を考える
  4. 内部リンク構造を最適化する
  5. そのページで完結させない

直帰率を下げる要素としてはこの5つが考えられます。サイトによって目標(ゴール)が違いますが、ビジネスサイトの場合、どのようにしてユーザーをゴールまで導くのかという事が大切になってきます。

仮に直接ゴールへ向かわせることができなくても、他のページを見てもらえるような構造になっていれば、他のページを経由してからゴールへ誘導することができるかもしれません。内部リンクをSEOの為に使う人も多いのですが、リンクをクリックするのはユーザーである人間ですので、検索エンジンのことばかりではなく、ユーザーの事を第一に考えてリンクを張っていきたいですね。

3番のそのページで完結させないというのはPVアップの為に使われる手法とも取れるのですが、PVを増やすためにページを分割するような事はやめた方が良いでしょう。あくまでそのページだけでも十分な情報量があるが、全ての情報をそこで出すのではなく、他のページを見たいと思わせるような作りにすることを心がけます。

直帰率、離脱率、閲覧時間、PVなどはサイトの質を客観的に判断する材料になりますので、サイトを開設したのに何の成果も出ていないという場合には、問題がどこにあるのかを分析して行きましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年11月21日

サブコンテンツ

このページの先頭へ