Skitch for Windowの使い方 – 画像の編集・加工・矢印ツール

前回、「おすすめの写真加工ツールPicasa3」をご紹介しました。最近、写真や画像にテキストやかっこいい矢印を追加しているブログ記事を良く見かけると思いますが、その際に良く使われているのがSkitchです。

Skitchは元々もMac専用のソフトだったのですが、Skitch for Windows DesktopというWindows版も登場しています。WindowsXP、Vista、7で使うことができます。Windows8については、Skitch for Windows 8という専用ソフトが用意されています。

Evernoteのためのツールだと思っている人も多いのかもしれませんが、Evernoteを使っていないユーザーでも使うことができます。

Skitchで出来る事

  1. かっこいい矢印を書く
  2. 好きなテキストを書く
  3. 枠(四角、角丸、円)や線を付ける
  4. 手書きペンやマーカーで好きな物を描く
  5. 写真にモザイク処理を施す
  6. 画像をトリミングする
  7. Evernoteに投稿

Skitchの使い方

Skitch for Windows Desktopをインストールします。

Skitchを起動したら「ファイル⇒新規作成⇒画像フォルダ」と進み、パソコン内の編集したい画像を選択します。パソコン画面をキャプチャしたい場合は、「画面キャプチャ」や「全画面」を選択します。全画面はモニター画面を丸々キャプチャすることです。

左側に表示されているアイコンで操作します。上から、「矢印、テキスト、色の選択、枠、マーカー、モザイク、トリミング」となっています。

あまり操作性が良いとは言えないのですが、この特徴的な矢印を使いたいがためにSkitchを使っている人も多いと思います。

作成した矢印や文字を移動させたい場合には、その要素をダブルクリックして選択状態にすれば好きな場所に移動できます。

画像の編集が終わったら、「ファイル⇒画像として保存」をクリックし、保存場所を指定すればOKです。

似たようなツールにscreenpressoというのもありますので、好きな方を使ってみるのが良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年12月4日

サブコンテンツ

このページの先頭へ