mailto:の使い方 - 文字化け対策のためのURLエンコード

メールフォームを設置することが難しい場合に、訪問者の方のお問い合わせ窓口になるのが「mailto:」という機能です。かなり原始的な方法ですが、今でも使っているサイトは多いです。

仕組みを簡単に説明すると、aタグ(リンクタグ)にmailto:を指定して、そのリンクをクリックした時に、送信先に自分のメールアドレスが挿入された状態で、訪問者のメールソフトが自動的に起動させるものです。

「お問い合せはこちら」「メールはこちら」などのリンクをクリックしたら、メールソフトが立ち上がった経験をお持ちの方も多いと思います。

お問い合せはこちら(ダミー)

作業としてはリンクを張るだけですので、難しい知識は必要としません。

mailto:の使い方

<a href="mailto:dammy@dammy.com">お問い合せはこちら</a>

このようにaタグのリンク先アドレスにmailto:で自分のメールアドレスを指定するだけで使えます。表示する文章はなんでも構いません。

件名や本文を記載する方法

お問い合せはこちら(ダミー)

このようにメールソフトを立ち上げた時に、自動的に件名や本文を追加することもできます。

<a href="mailto:dammy@dammy.com?subject=お問い合わせ&amp;body=氏名:%0d%0aメールアドレス:%0d%0aお問い合せ内容:">お問い合せはこちら</a>

メールアドレスの後に件名になる 「subject」や、本文になる「body」を追加します。

  • subject= ⇒ 件名
  • body= ⇒ 本文
  • cc= ⇒ CCでメアドを追加
  • bcc= ⇒ BCCでメアドを追加
  • &amp; ⇒ 複数の項目を繋ぐ
  • %0d%0a ⇒ 改行を入れる
  • %20 ⇒ 半角スペースを入れる

文字化け対策

件名や本文に日本語を使用すると、ユーザーのPC環境によっては文字化けしてしまう可能性があります。文字化け対策として、日本語をエンコードしておきます。

URLエンコードツールはこちら

使い方は簡単で、変換したい文字を入力し、「エンコードする」をクリックするだけです。

文字コードは、自分のサイトで使っている文字コードを指定します。

エンコード後という部分に書かれた意味不明な文字列が、エンコードした文章という事になりますので、これをコピーして、mailto:に挿入します。

UTFでエンコードしたソースは以下のようになります。

<a href="mailto:dammy@dammy.com?subject=%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b&amp;body=%e6%b0%8f%e5%90%8d%ef%bc%9a%0d%0a%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%9a%0d%0a%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%81%9b%e5%86%85%e5%ae%b9%ef%bc%9a">お問い合せはこちら</a>

以上がmailto:の使い方と文字化け対策になります。

個人のホームページでもメールでの問い合わせが出来るようにしておいた方が良いと思います。

WordPressサイトに問い合わせフォームを設置したい場合には、Contact Form 7というプラグインが便利です。

»メールアドレスをホームページに載せる時の注意点

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月20日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:HP初心者

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ