無料レンタル掲示板をホームページに設置する

最近あまり自分のホームページに掲示板(フォーラム)を設置しようと考える人はいないと思いますが、簡易的なユーザーのコミュニケーションに昔ながらの掲示板を設置したい場合もあるでしょう。

どういった形で掲示板を設置するとしても、重要になってくるのは掲示板の運営・管理です。これがなかなか大変なのです。特に投稿数が多くなると、スパムコメントやイタズラ目的の投稿も増えます。そして、管理が面倒になってみんな閉鎖してしまうんですよね。

ですので、掲示板を設置する場合には、まずはしっかり管理できる体制が整っているのかという事が重要になってきます。多くの場合、それほど荒れることは無いのですが、スパム投稿を放置していたり、ちゃんとした質問者の投稿が放置される状態であれば掲示板は設置しないほうが良いでしょう。

フリー掲示板

私も以前掲示板を設置したことがありますが、その時はKENTさんのJoyful Noteを使わせてもらいました。

掲示板の管理で注意すること

  1. 注意事項を決めわかりやすい位置に掲示する
  2. コメントスパムは直ぐに削除する
  3. ユーザー同士の議論を尊重する
  4. 管理者への質問にはすぐに返信する
  5. 第三者に不利益になるような書き込みは直ぐに削除する
  6. 犯罪に繋がるような書き込みは直ぐに削除する
  7. 宣伝目的の書き込みは直ぐに削除する
  8. 投稿された書き込みは投稿者の物で責任はサイトにあることを意識する
  9. ネガティブな意見でも建設的であれば削除しない
  10. 管理が難しい場合には掲示板を閉鎖する

アダルトサイト、出会い系サイト等の宣伝目的のリンクは自動投稿される事が多いので、注意しましょう。

最近はサイトに設置してある掲示板を利用したいと思うユーザーも少ないので、掲示板が荒れるというのはあまり考えられません。逆に全く利用されずに放置されているような掲示板が多いですね。ただ、いい加減な管理をしていると荒れるかもしれませんので注意が必要です。

投稿された書き込みはユーザーの物ですので、むやみに削除してはいけません。ただ、その投稿が載っているのは自分のサイトですので、その投稿が法的に問題がある場合、サイト管理者が罰せられる可能性があります。

また、アダルトサイトなどの宣伝リンクを放置していると、検索エンジンからのサイト評価が下げられる可能性があります。これはブログのコメント欄なども同じですが、コメントスパムには目を光らせておかなければなりません。

»WordPressに掲示板を簡単に設置する方法

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ