公開したURLは変更しない、変更する場合は301リダイレクト

HTMLサイトでもCMSサイトでも同じなのですが、一度公開したページのURLは基本的には変更しないほうが良いでしょう。URLというのは、そのページ固有の住所みたいなものですので、住所が変わってしまうと以前のURLでアクセスした時にページが表示されなくなってしまいます。

HTMLサイトの場合、フォルダ名やファイル名がURLになりますので、あとになってフォルダを整理するために名前を変更したりするとURLが変わってしまうことになります。旧フォルダ名のファイルをサーバーにアップしたままにしておくことも可能ですが、全く同じページが複数あるのは問題です。また、新しいファイルを修正した時に内容が異なってしまいます。

ホームページ作成の初心者の場合、このへんを理解していなくて、不要なファイルをサーバーにアップしたままにしてしまうことがあるのですが、サイト上ではそのページへアクセスできなくても、検索エンジンのクローラーは以前アクセスしたページであればアクセスできますし、検索結果から訪問してきたユーザーも見ることができます。ですので、不要なページは必ず削除するようにしましょう。

URLを変更したい時は301リダイレクト

どうしてもURLを変更する必要が出た時には、301リダイレクトを行います。301リダイレクトとは、過去の検索エンジンの評価を引き継ぎつつ自動転送する方法です。

301リダイレクトを行わない場合、過去に受けた評価がリセットされてしまいます。どこからも被リンクを受けていないようなページであれば301しなくても大きな問題はないのですが、それでも旧URLから移転したことを検索エンジンに伝えることで、新URLのインデックスが早まり、以前とほぼ同じ順位で登場します。

他にもcanonicalで同じ効果を得ることができますが、canonicalは、旧URLを残したままで新URLに評価を統合する時に使う方法で、基本的には重複コンテンツ(コピーページ)対策で使用するものです。

meta refreshについては0秒にすることで301と同等、1秒以上にすることで302と同等の扱いになるとされていますが、判断はGoogleに委ねられますので、どうしても301リダイレクトやcanonicalが使えない場合の代替案として考えるのが良いと思います。

301設定の確認

301を行った場合は、必ず旧URLにアクセスした時に新URLに自動的に転送されるのかを確認します。ジャンプしてもステータスコードが301になっていないこともあるかもしれませんので、念のためView HTTP Request and Response Headerで確認しておきましょう。

旧URLを入力し「Submit」をクリックし、ステータスに「301 Moved Permanently」と表示されればOKです。200と表示された場合は、そのページへアクセスできてしまう状態で、302と表示された場合は、リダイレクト設定が間違っています。

302リダイレクトは一時的な移転を表すもので、旧URLから新URLへ過去の評価が移りませんので、URLを変更した場合は、必ず301にしておく必要があります。

ソーシャルメディアの問題

最近は、TwitterやFacebook、Google+などのソーシャルサイトで記事が共有されるケースも多くなっていると思いますが、Twitterのツイート数やFacebookのいいねの数はURLに紐付いているため、URLを変更すると数字が0になってしまいます。

301リダイレクトでリンク評価は引き継ぐことができますが、ソーシャルサイトの評価については無くなってしまいますので注意が必要です。ソーシャルシグナルは検索エンジンが評価する部分です。どれくらいの影響があるのかは分かりませんが、やはり基本的にはURLは変更しない方が良いでしょう。

»サイトのURL設計をやり直した

この記事で書かれていることは少しやり過ぎ感はありますが、始めから永久的に変更しないようで済むようなURLを付けるというのは良いと思います。

ちなみに私はURLにはあまりこだわりがなく、WordPressの場合であればカテゴリ名+IDか日付+IDのシンプルな形にしています。この形で困ったこともありません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ