ホームページのフォルダ名やファイル名の付け方とパーマリンク

ホームページを作る際に、ローカル上のファイルのファイル名やフォルダ名がサーバーにアップした時のURLになります。フォルダ名を日本語にしてしまう人も多いのですが、問題が発生する可能性もあるので、英数字にしておいたほうが良いでしょう。

日本語URLにしたいという方もいると思いますが、個人的には日本語URLはオススメしません。SEOで有利になるという面があると言われていますが、Twitterで取り上げられる時に文字数オーバーになってしまったり、誰かにURLを伝える時に難しいでしょう。

WordPressサイトではパーマリンク設定で簡単に日本語URLにすることができますが、これも同じようにオススメしません。これについては後ほどご説明します。

フォルダやファイルの作り方・名前の付け方

  1. フォルダ名、ファイル名共に英数字にする
  2. カテゴリごとにフォルダを分ける
  3. フォルダの階層を深くし過ぎない
  4. 不要なフォルダは作らない
  5. ルートディレクトリにファイルを並べすぎない
  6. 記号はアンダースコアではなくハイフンを使う
  7. 名前を数字のみにしない

注意点としてはこの7つです。

フォルダの数については、カテゴリ分けする必要ができたら作るという形になりますが、フォルダの中にファイルが1つや2つで沢山のフォルダがある状態は管理が難しくなるのでやめたほうが良いでしょう。その後にページをどんどん追加していくならOKですが、ファイルの集まりがフォルダです。

フォルダの中にフォルダを作ってもOKですが、あまり階層が深くなると管理が大変になるので、ほどほどにしておきましょう。

一時期SEOの観点から、フォルダは作らない方がいい、逆にindex.htmlだけになってもフォルダを作ったほうがいいというような話がありましたが、フォルダの作り方がSEOに影響を与えることはないので、必要なフォルダを作るようにします。

フォルダ名やファイル名については、基本的にはそのカテゴリやページを表す英語にするのが良いと思いますが、英語が分からない場合には、日本語をローマ字にしてしまうというのもありです。正直ダサいのですが、URLなんてほとんどの人が見ていませんので、いちいち辞書で英訳するのが面倒という場合にはローマ字でも良いと思います。

単語と単語をつなぐときには「_ アンダースコア」ではなく「- ハイフン」を使います。検索エンジンはどちらも同じように扱いますが、Googleのマット・カッツが以前、どちらかと言えばハイフンの方が良いだろう的な発言をしています。

ファイルが大量になるとファイル名を数字にする人も多いですが、数字を振る場合でも必ず数字の前か後ろにユニークな名前をつけてください。数字だけだと問題があるというわけではないですが、ページを開く前にそのページの内容が分かっている方が管理が楽になります。

WordPressサイトのパーマリンク

»WordPressのパーマリンク設定と日本語URL

WordPressについては、パーマリンク設定でURLを決めることになります。

共通設定から好きな物を選んだり、カスタム構造を使用して好きなURLにすれば良いと思いますが、日本語にすると、無駄に長くなる、URLでリンクが貼られない、ソーシャルで影響が出る可能性があると言ったことを考えるとやはり他の設定のほうが良いでしょう。

個人的には、カスタム構造で「/%category%/%post_id%/」とするのが好きです。カテゴリを含めるとカテゴリ名を変更した時にURLが変わってしまうというデメリットがありますが、始めにしっかりカテゴリ名を決めておけば大丈夫です。

なお、カテゴリ名を変更しても今のWordPressは自動的に301リダイレクトしてくれます。ただ、TwitterやFacebook、はてなブックマークなどはURLと紐付いているので、URLが変わることでツイート数やブクマ数などがリセットされてしまいます。

URLにカテゴリ名を含めることで、Googleアナリティクスのフィルタ設定でディレクトリごとのアクセス解析ができるようになります。当サイトの様にサイト内にブログを設置しているような場合には、ブログだけの解析が見たい場合も多いものです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年12月5日

サブコンテンツ

このページの先頭へ