ホームページを作る際の写真・画像と文字のバランス

ホームページの見栄えを良くするために画像やアイコンなどを使うのが効果的です。ただし、サイトのジャンルなどにもよりますので、画像が多ければ良いというものでもありません。

画像はユーザーに与えるインパクトが大きくなりますので、プラスにもマイナスにも働く可能性があります。あまりセンスの良くない画像を目立つ位置に掲載することで、直帰率や離脱率を高めてしまう可能性があります。(直帰率を上げる原因と直帰率を下げる為にやる事

無料画像や合成画像・イラストの活用

無料で使える風景画像は沢山ありますが、人物画像や人物イラストは重宝すると思います。特にビジネスサイトの場合、人の写真がある方が安心感や信頼感が得られます。

ただし、フリー画像は他のサイトでも使われている可能性がありますので、他のサイトでも見たことがある写真ということで、逆に信頼度が落ちてしまう可能性も考えられます。

そのため、良く見かける人物や写真をメインイメージとして使うことは避けたほうが良いでしょう。無料の人物画像は沢山ありますが、人気があるものは決まってきます。特に、同じテーマのサイトやライバルサイトで使われている画像は避けたほうが良いと思います。これは有料画像でも同じことが言えます。

無料アイコン・ロゴ・ボタンの活用

画像と共にサイトのデザイン性を高めるのに役立つのが、アイコンやロゴ、ボタンです。全て無料で使うことができますので、取り入れてみてください。

ただし、画像と同様にアイコンやロゴも他のサイトで使われている可能性がありますので、特にロゴについては、オリジナリティを出すようにしましょう。ボタンについては他のサイトと同じになっていても特に問題はないでしょう。

写真と文字のバランスを考える

一般的に女性は文字よりも写真や画像を好み、男性は文字を好むと言われています。統計データではなく感覚的なものだと思いますが、女性向けサイトは写真や画像をふんだんに使って、男性向けサイトはテキスト中心にするのが良いと言われています。

私もサイトを作る時にターゲットユーザーを意識して、女性向けの場合は、画像を多めにして男性向けの時はテキストを多めにすることがあります。そこまで明確な差は付けていませんが、女性向けサイトで、長いテキストばかりのページを沢山作るのは避ける傾向にあります。

あと、男性は専門的なサイトを好む傾向にあり、同じテーマのサイトを作る場合でも、男性向けサイトの場合には、より詳しく専門的な記事を書くようにしています。

私が運営管理している保険サイトですが、学資保険のように赤ちゃんが生まれたばかりの女性をターゲットにしたサイトは、華やかなイメージを与えるように考えました。

医療保険については、男性も女性もターゲットなのですが、どちらかと言うと男性がターゲットで、病気や治療に関する専門的な記事も沢山書いています。

当サイトはレンタルサーバーやWeb情報サイトで、主に男性向けとなので、完全にテキスト中心になっているのですが、本当はもう少し画像を使っても良いのかもしれません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ