はじめてホームページを作る人に向いている作成ソフト

ホームページ作成ソフトは沢山ありますし、テキストエディタでホームページを作ることもできますが、初心者向けのホームページ作成ソフトと言えばホームページビルダーです。

ホームページビルダーという名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、昔からある作成ソフトで大変人気があります。

ホームページ制作会社でも使われている玄人好みの作成ソフトと言えばDreamweaverで、私自身もDreamweaverを使っているのですが、初心者にも分かりやすく金額が安いのはビルダーの方です。

ただ、個人的には作成ソフトを使うのではなく、はじめからWordPressでサイトを構築してしまうのもありかなと思っています。WordPressというのはCMSと呼ばれるサイトを構築するためのシステムのことなのですが、とても使いやすく使い方なども色々なサイトで公開されています。

当サイトでもWordPressの使い方コンテンツがありますが、デザインも無料テンプレートがありますので、初心者の方でも一応形の整ったサイトを作ることができます。

ホームページビルダー+WordPress

ホームページビルダーが最近WordPressとコラボしました。

ホームページビルダー17

  1. PC、スマホ、タブレットで更新できる
  2. レスポンシブデザイン対応
  3. WordPressサイトが簡単に公開できる
  4. 高品質なWordPressのテンプレート搭載
  5. PHPの知識がなくてもWordPressテーマが編集できる

完全にWordPress仕様になったホームページビルダーです。Dreamweaverでも一応WordPressサイトを作ることができますが、導入までの手順が面倒です。その点ビルダーは1時間でWordPressサイトを公開できるとアピールしているだけに簡単操作で公開できます。

綺麗なテンプレートも多数付いているので、この作成ソフトによってWeb制作業者が必要なくなるのでは?という意見もチラホラ聞こえてきます。Web制作はきれいなサイトを作ることだけではありませんので、ビルダー17によって制作会社の仕事が減るとは思えませんが、それぐらい良いソフトということなのでしょう。

金額の方もスタンダードタイプで14,800円、既にビルダーを持っている人向けのバージョンアップ版で8,300円となっています。安い金額ではありませんが、ホームページを作成するのが初めてでなおかつWordPressサイトを作りたいという場合には、良いかもしれません。

ただ、先ほど述べたようにWordPressサイトは作成ソフトが無くても自分で公開することもできますので、まずは自力でやってみるというのも良いと思います。

サイトを公開する際にレンタルサーバーが必要になります。無料サーバーを使っても良いのですが、自分の好きなドメイン名のサイトを運営するほうが、後悔することもないと思いますので、安くてもいいのでレンタルサーバーを借りてしまったほうが良いと思います。

料金にこだわるのであればロリポップがオススメです。コスパ重視ならエックスサーバーですね。

»ホームページを公開したら基本的な内部SEO対策を行なう

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月12日

サブコンテンツ

このページの先頭へ