HTMLとXHTMLの違いとDOCTYPE宣言

ホームページを作るためにはHTMLを理解しなければなりませんが、正直しっかり憶えてなくても自分のサイトは作れます。タグ打ちで作る場合は別ですが、多くの人が一般的な部分のコードは既存サイトのコピペで対応しています。

いきなり難しいことを憶えようとしても脳が拒否反応を起こし、勉強する気をなくしてしまいますので、HTMLの基礎の基礎を学んだら後は実際にサイトを作りながら、わからないことを調べていく感じでいいと思います。

HTMLとXHTML

HTML言語には、HTMLとXHTMLがあります。始めのうちは2つの種類がある程度の認識で大丈夫です。

現在の主流はXHTML1.0ですが、以前はHTML4.0が主流で、これからはHTML5.0が主流になると言われています。どれもHTML言語であることに違いはないのですが、HTML5.0は今までのタイプとかなり違いが見られます。

時代の流れとしては、「HTML4.0 ⇒ XHTML1.0 ⇒ HTML5.0」という順番になっており、現在は、XHTML1.0からHTML5.0に移行している最中なのですが、主流が変わるまでに5年以上はかかりますので、まだHTML5.0で書かれたサイトは多くありません。

私自身まだXHTML1.0で書いていますし、その前のHTML4.0で書いても特に問題はなく、初心者の方はどれで書けばいいのか悩んでしまうかもしれませんが、これから始めるという事であれば、HTML5.0のタグを憶えるのが良いかもしれません。

DOCTYPE宣言

HTMLとXHTMLのどちらを使うのかは制作者の判断に委ねられていますが、そのサイトがHTMLとXHTMLのどちらで作られているのかということはサイト上に記述しなければなりません。それが「DOCTYPE宣言」というものです。

DOCTYPE宣言は、主にそのHTML文書を読み取るInternet ExplorerやFirefox、Chromeなどのブラウザに対して行うものです。DOCTYPE宣言しなくてもサイトは問題なく表示されるのですが、基本的には書くと憶えておきましょう。

HTML4.0の場合

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN”   “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>

色々なサイトのhead部分を見ているとこのような記述があると思いますが、HTMLの冒頭部分でDOCTYPE宣言を行うのが正しいHTMLの書き方です。トランジショナルという部分は、ストリクト型やフレームセット型の場合に記述が変わるのですが、基本はトランジショナルです。

XHTML1.0の場合

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN”   “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>

XHTMLの場合、このHTML文書はXML文書であるという事を表すために行頭に以下の記述を行います。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>

<?xml の下にDOCTYPE宣言を書きます。ただ、<?xml を書くと古いバージョンのInternet Explorerでデザインが崩れる問題があったため、私は書いていません。

HTML5.0の場合

<!DOCTYPE html>

HTML5の場合、このようなシンプルなDOCTYPE宣言になります。HTML5では書いてもあまり意味が無いとされていますが、DOCTYPE宣言が無いとブラウザのレンダリングモードが互換モードになってしまいます。

互換モードというのは、CSSが普及する前の古いバージョンのブラウザとの互換のために、標準とは異なる解釈でサイトを表示するものです。標準モードで表示させるためにはDOCTYPE宣言が必要ということになります。

XHTMLサンプル

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN”   “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
<html>
<head>
<title>レンサバネット</title>
<link href=”main.css” rel=”stylesheet” type=”text/css”>
</head>
<body>
<h1>おすすめのレンタルサーバー</h1>
<p>レンタルサーバーは沢山ありますので、その中からオススメのレンタルサーバーをご紹介します。</p>
</div>
</body>
</html>

このように、DOCTYPE宣言はHTMLの始めに書くことになります。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2013年2月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ