Windowsのペイントで写真や画像を縮小する方法

ホームページやブログに写真や画像を載せたいという方も多いと思いますが、初心者の方の場合、デジカメで撮った写真をそのまま載せてしまっているケースを良く見かけます。

無料ブログやWordPressを使う場合、通常は自動的に画像がリサイズされますので、ブログ上に表示されている画像は調度良い大きさで見えるのですが、実際には大きな画像がアップロードされていますので、画像の読み込みに時間がかかってしまうことと、サーバーの容量を使ってしまいます。

小さいサイズで載せたいけど、画像をどうやって小さくするのかわからない方もいると思いますので、今回はWindowsに標準搭載されているペイントを使って画像を縮小する方法をご紹介します。

ペイントで画像を縮小する

Windowsのバージョンにもよるのですが、「スタート ⇒ 全てのプログラム ⇒ アクセサリ ⇒ ペイント」でペイントを起動することができます。今回は、Windows7の場合で解説していきますが、どのバージョンでもそれほど大きな差はないはずです。

image01

左上のアイコンをクリックし、「開く」を選択し、縮小したい画像を選択します。

image02

画像が読み込まれたら、「サイズ変更」をクリックして、単位を選択し、数値を入力します。

「縦横比を維持する」にはチェックを入れておいてください。入れておかないと縦横比が崩れ、歪んだ画像になってしまいます。

image03

画像が縮小できたら、保存します。左上のアイコンをクリックし、「名前を付けて保存」をクリックし、保存形式を選択します。

写真であればJPEGで保存し、イラストであればPNGやGIFで保存します。グラデーションがかかっているような画像の場合は、JPEGが良いでしょう。

以上で、画像の縮小作業は終了です。慣れてしまえばすぐに出来ると思います。

一発保存ボタンの作成

毎回毎回、保存形式を選ぶのは面倒なので、保存用のボタンを作るのが良いかもしれません。

image04

通常通り保存の作業を行い、保存形式を選択する画面で、右クリックすると、「クイックアクセスツールバーに追加」という項目がありますので、それを選択します。

image05

わかりづらいですが、ツールバーに保存用のボタンが追加されますので、次回からはこのボタンをクリックすれば直ぐに同じ形式で保存することができます。

WordPressの場合

WordPressを使っている方であれば、画像の縮小はWordPressの管理画面上で行うことができます。

image07

画像を挿入した画面の右側の「画像を編集」をクリックします。

image11

編集画面に切り替わったら、「画像の拡大縮小」をクリックして、サイズを指定し「伸縮」をクリックし、最後に「更新」をクリックします。

image02

編集が終わったら、画像の挿入画面に戻り、サイズをフルサイズにして挿入すれば、縮小したサイズの画像が挿入されます。この画面に表示されるサイズが、縮小前のサイズになっているのですが、実際に挿入される画像は縮小後のサイズになります。リンク先を「なし」にしても良いと思います。

また、以下の方法でも挿入することができます。

image12

編集した画像の「ファイルのURL」をコピーします。

image13

投稿画面の画像挿入画面で、「URLから挿入」を選択し、先ほどコピーしたURLを貼り付けて、「投稿に挿入」をクリックします。

もっと簡単に編集した画像を挿入する方法があるはずですが、わかりませんでした・・・

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ