ファビコンを作ってブランド力を上げる

ファビコンはサイトのブランディングに欠かせないものなのですが、最近はあまり取り上げられることも無くなっています。

ファビコンというのはブラウザのここに表示されるアイコンのことです。検索エンジンの検索結果に表示されるわけではないので、あまり意味が無いとも言えるのですが、今でもブラウザのブックマークを使う人は多いですので、リピーターを増やすためにも役立ちます。

ファビコンの作り方

ファビコンの作り方はいくつがありますが、私がやっている方法をご紹介します。

ファビコン用の画像を作る

faviconは16×16ピクセルの画像ですが、icoファイルに変換する前の、画像を作成する時点では、もう少し大きな画像でも大丈夫です。

画像編集ソフトを持っていない場合には、フリーの画像作成ソフトをダウンロードするか、faviconぐらいであれば、Windowsのペイントでも十分対応可能です。

スタート ⇒ すべてのプログラム ⇒ アクセサリ ⇒ ペイント

もしくは、フリーアイコンサイトなどで気に入ったアイコンをファビコンにしてしまうのも良いと思います。私も結構この方法を使っており、当サイトのファビコンもフリーアイコンです。ただ、その場合、他にも使っている人がいる可能性があります。

画像をファビコンに変換

jpgやgif、pngファイルのままでは、ブラウザがfaviconと認識できませんので、作成した画像をicoファイルに変換します。変換ソフトは沢山ありますが、フリーソフトの@icon変換が便利です。

@iconの使い方

@iconが英語になってしまっている場合には、「Option ⇒ Languages ⇒ 日本語」で日本語化できます。

ファイル ⇒ 開く ⇒ ファイル選択

@iconを起動してファビコンにしたい画像を開きます。なお読み込む画像はpngやbmpが良い様です。読み込む段階で 画像サイズが大きすぎるとファビコンにした時につぶれてしまいますので、事前に実際のファビコンサイズに近い大きさで画像を作っておくのが良いと思いま す。

最後に、挿入したアイコン名をクリックして、ファイル ⇒ 単独アイコンとして保存すればOKです。ファイル名は「favicon.ico」で良いと思います。

「未サポートのファイル形式です。」というエラーが出る場合には、ファイルの保存形式が良くないということになりますが、pngやbmpにしてもこのエラーが出ることがありますので、どうしても上手くいかないときは、ファビコン作成サイトを使うのが良いかもしれません。

とにかく、ちゃんとパソコンに認識される「.ico形式のファイル」が作れればそれでOKです。

ファビコンを設置する

作成したfavicon.icoをサーバにアップします。

headタグ内にファビコンへのリンクを記述

<link rel=”shortcut icon” href=”ファビコンのパス” />

注意点

icoファイルの設置ディレクトリや、icoファイル名により、ブラウザの種類によっては、正確に表示されない場合があります。その場合は、favicon.icoをトップディレクトリにアップロードして下さい。

ファビコンを設置した所で、大きなアクセスアップは期待できませんが、これだけ色々なサイトがある中で、どれだけ自分のサイトを目立たせるのかという事はとても重要になってきます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ