ブログのアクセス数とリピーターを増やす方法

ブログのアクセス数を増やすためには、SEOを行い検索エンジンからの新規訪問者を増やすという事が重要になってきますが、同時にリピータを増やすことも大切になってきます。

リピータが多いブログというのは良いブログである事の証です。リピータは広告のクリック率が低いので、アフィリエイト収入を増やすと言う事においては、あまり貢献してくれないかもしれませんが、リンクを張ってくれたり、サイトの紹介を行ってくれるのはリピータなのです。

記事の数とテキスト量

ブログのアクセスアップに最も効果的なことが、テキスト量の多い記事を沢山書いて、ロングテールSEOによって検索エンジンからの訪問者を増やすことです。

ブログは、ソーシャルメディアやSNS、ブログランキングなどからのアクセスを中心にしている人も多いのですが、検索エンジンの力は偉大です。

ソーシャルのパワーは凄まじいものがあるのですが、継続的に大量のアクセスを運んでくれるのが検索エンジンです。つまりSEOが重要ということです。

ただ、ブログでビッグワードやミドルワードの上位表示を狙うのは無理がありますので、ロングテールキーワードを中心に考えます。そのためには、やはりテキスト量と記事数が重要になってきます。

無駄に長い文章を書けばいいというものではありませんが、色々なキーワードの組み合わせを発生させるためには、それなりの量のテキストが必要です。1ページで多くのアクセスを集めるのは無理がありますので、ページ数も必要になってきます。

専門的な知識がある人が、自然な文章を書いていけば、自動的に文章の中に色々なキーワードが含まれていきますので、記事を書くだけでロングテールSEOになります。

SNSの活用

ロングテールSEOが出来るようになったら、TwitterやFacebookなどのソーシャルも活用していきたいですね。

Google+やmixiも良いのですが、ユーザー数が多く、アクセスアップに役立つのがTwitterとFacebookです。どちらかと言うとTwitterの方がオープンなので、どちらか一つ選ぶのであればTwitterが良いと思います。

アカウントを作って書いた記事の更新情報を投稿するだけでは、活用とは言えません。ソーシャル上でも有益な投稿を行い、ファンを増やすことが重要です。

ソーシャルはリアルな人間関係と同じようなものですので、ソーシャル上でアフィリエイトをやってはいけません。親しい人でもいきなり商品を勧められた良い気はしませんよね。ソーシャルアカウントを育てるのは時間がかかるのですが、ファンが増えればサイト運営にプラスになることが多いです。

更新頻度と更新時間

ブログのアクセスアップを図る上で、更新頻度はかなり重要となります。RSSリーダを利用すれば、更新情報を簡単に得ることが出来ますが、RSSリーダを使っているユーザは意外と少ないのです。

特にITやWeb関連以外のブログを書いている場合には、ユーザのほとんどがブラウザのブックマークや検索エンジンにキーワードを入力して、目的のブログを探しています。

手間を考えると確実にRSSリーダーを使った方が良いのですが、そもそもRSSという物の存在を知らない人や、知っていても利用価値が分からないと言う人は多いのです。

そういったリピータの為に、決まった時間に更新するという事も大切になってきます。毎日決まった時間に更新する事で、リピータの無駄足を防ぐことが出来ます。

更新頻度が落ちるとリピータも減ってしまいます。SEOの意味でも更新頻度はとても大切ですが、リピータ対策としても大切なのです。更新されていないブログにまた足を運ぼうとは思わないはずです。

毎日更新するのは大変だと思いますが、始めのうちは毎日更新して、ある程度のアクセス数になったら、週一更新に移行するのがオススメです。更新を完全にストップしてしまうとブログの価値が落ちてしまいますので要注意です。

過去記事探しやすくする

一つの記事ではなく、ブログ自体に興味を持ってもらえた場合、最新の記事や直近の記事だけではなく、過去の記事にも目を通してもらえる可能性が高くなります。その際に興味のある過去記事が直ぐに見つかるようなブログにしておかなくてはなりません。

過去記事をまとめるのに有効となるのが、カテゴリとアーカイブです。記事のカテゴリわけをしっかり行っておけば、気になるテーマの記事が探しやすくなります。

カテゴリわけを適当にやっている人も多いのですが、カテゴリが少なかったり、まとまっていないと記事を探すのを妨げることになります。

始めてブログに訪れた人でも分かりやすいように、なるべく細かくカテゴリ分けを行った方が良いでしょう。当ブログのように、親カテゴリを子カテゴリを作るのがおすすめです。

月ごとに記事がまとめられているアーカイブについては、利用価値が無いと考えている人も多いのですが、いつ頃から書かれているブログなのかという事が直ぐ分かると言う意味でもアーカイブを設置することは悪くないと思います。

ただし、日付を調整して何年も前から運営されているブログのように装うのは、ユーザの信頼度を落とすだけですのでやめた方が良いでしょう。

また、記事の中で関連性のある過去記事を紹介するのも効果的です。記事の最後にまとめて関連記事を自動表示しているサイトも多いのですが、記事の中でリンクすることで、ユーザーの目に止まりクリック率が高まります。

読者とのコミュニケーション

ブログではファンを作ることも大切となってきます。ファンを増やすためには、良い記事を書くことはもちろんですが、読者とコミュニケーションを取るという事も重要になってきます。

ブログは読者とのコミュニケーションの場でもありますので、できればコメント欄は開放して、簡単に会話できる状態を作ってください。ただし、アフィリエイトブログの場合には、SEOやアクセスアップ目的でコメントを残してくる人も少なくないので、承認制にした方が良いかもしれません。

他のブロガーとコミュニケーションを図る事で、ブログで自分の記事を紹介してもらえるという事も出てきます。被リンクを貰うためにコミュニケーションを取るわけではありませんが、ネット上のやり取りとは言え、人間が行っているものですので、気持ちの部分も大きいのです。

最近は、読者とのコミュニケーションの場が、コメントからソーシャルに移っています。コメント欄にFacebookのコメントを載せているブログも多くなっています。どこでやり取りするかは自分で選べば良いと思いますが、必ずコミュニケーションが取れる状態にしておきましょう。

ネガティブコメントへの対処

ブログを書いている限り、全ての読者が好意的という事はありませんので、当然反論や批判などのネガティブコメントが付く事もあるでしょう。

コメントが多いアフィリエイトブログなどを見てみると、気持ち悪いぐらいの褒めコメントが並んでいる事も珍しくないのですが、そんな状態は一般的ではありません。人間は好意よりも敵意の方が行動に出しやすいと言う特徴がありますので、良いコメントよりも悪いコメントの方が多くても問題ありません。

通常のブログの場合、読者の1%もコメントを残してくれませんので、一つのコメントが読者全員のコメントであると勘違いしてはいけません。

ブログ初心者の方は、少しネガコメが付いたぐらいで、荒らしや炎上と言う事を考えてしまうのですが、普通の記事を書いている限り、荒らしや炎上によってブログに影響が出る事はまずありません。

どんな良質なブログでも、必ず嫉妬や僻みによるネガティブコメントが出てきます。しかし、ネガティブコメントによって、新しい知識を身に付けられたり、ブログが成長したりする事もありますので、建設的なネガコメにはしっかりと耳を傾けましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ