アフィリエイト記事は自然な文章で書く

SEOを意識して文章を書く場合、どうしてもより多くのキーワードを書きたいという気持ちが出てしまいますが、今の検索エンジンはキーワードの量は直接的に検索順位に影響を与えなくなっていますので、キーワードを多く使うと言う事よりも、読者に伝わりやすい言葉を選ぶと言う方が大切です。

アフィリエイトブログの場合、商品を紹介する事に重きを置いた文章になってしまうことが多いのですが、まずは読者に情報を配信する事が先ですので、共感を得てもらったり、信頼感を与えるためにも自然な文章と言う事が重要になってきます。

ブログの場合、知り合いに向けて書くわけではないので、普段の自分とは違う自分を作って文章を書く人がいるのですが、これはやめた方が良いと思います。架空のキャラが続けられれば良いのですが、必ずいずれほころびが見えてきます。

違う自分を演じる事に快感を覚える人もいるのかもしれませんが、自分に素直な文章を書く方がストレスが無いと思いますし、ブログが長続きすると思います。

常体と敬体

常体(だ・である体)と敬体(です・ます体)は、どちらが良いのかという事は特にないのですが、どちらが良い印象を与えるかと言えば、敬体の方だと思います。面識のある人にタメ口で話される事には何も感じませんが、初対面の人にタメ口で話されると違和感を感じます。

ブログの読者の大半が新規訪問者ですので、敬体の方が良い印象を与えると言えるのかもしれません。

学校で書く作文などでは、常体と敬体をどちらかに統一すると習ったと思いますが、それはあくまで作文の上での話ですので、ブログではどちらかに統一する方が良いということもありません。

文章のプロである小説家が書いた本でも、常体と敬体が混ざっていると言う事も珍しくありません。要するに読者に伝わりやすい文章であれば、常体・敬体にこだわる必要はないという事ですね。

私がアフィリエイトサイトの記事を書く時に気をつけている事

アフィリエイトサイトの場合は、特に自然な文章が求められます。商品を売りたいのは山々ですが、ユーザーの購買意欲を高めるためには、ユーザー自身がその商品に自然と興味を持ち、自らの意志で購入しなければなりません。

アフィリエイトサイト経由で商品を購入するというのは、楽天やアマゾンで商品を買うのとはハードルの高さが全然違います。どれだけ信頼度を上げられるのか、共感してもらえるのかという事が重要になってきます。

  1. 本当にお勧めできる商品を紹介する
  2. 押し売りしない
  3. 嘘をつかない
  4. 必要な情報を載せる
  5. オリジナル情報を載せる

自分が買った商品しか紹介しないという人もいますが、それはちょっとやり過ぎだと思います。紹介する商品は全て自分で試さなければいけないという事ではないと思います。

私も基本的には自分で使ってみて、おすすめすることが多いですが、使ったことがない商品やサービスでもアフィリエイトすることはあります。さも自分が利用したことがあるような書き方をすることはありませんが、使ってなくてもおすすめできる商品はあります。

アフィリエイトの目的は商品を売ることですので、少しぐらい嘘をついてもいいと考える人も多いのですが、嘘はサイトの信頼度を一発で落としますので、嘘はいけません。嘘は付かないが、知っている全ての情報を出す必要も無いというような感じです。

例えばもっとおすすめできる商品があるが、その商品がアフィリエイトをやっていない場合などは、その商品のことをサイトに記載しないこともあると思います。本当にユーザーのことを考えるのであれば、アフィリエイトが無くてもその商品を勧めるべきですが、アフィリエイトサイトですので、やはりそういった事も必要になってくる時があります。

ユーザーがその商品を購入するにあたり必要となりそうな情報は全て載せておきます。広告主サイトに書かれている事をコピーしては意味がありませんので、オリジナル情報を交えつつ自然な文章を書いていきます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ